【MLB】大谷翔平、162戦36発&16盗塁! “新方程式”もできた?「侍+忍者=オオタニ」

■通算162試合で36本塁打&16盗塁はリーグ史上初

■エンゼルス 7-2 アストロズ(日本時間17日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地アストロズ戦に「3番・DH」で今季最長の10試合連続でスタメン出場。4打数2安打1打点1盗塁の活躍を見せ打率.298とした。

 この日で打者としてはメジャー1シーズンに相当する通算162試合目の出場。デビューから打率,290、(541打数157安打)、36本塁打、101打点、16盗塁。球団広報によると、デビューから162試合で35本塁打以上、15盗塁以上を記録したのはア・リーグ史上初だという。球団公式インスタグラムは、その“偉業”を紹介。ファンから称賛の声が集まった。

「レジェンド」

「この子が大好き!」

「これはクレイジーだ」

「ワォ」

「サムライ+ニンジャ=オオタニ」

「ショウタイム!!!!」

「スーパー!」

「たまに彼がエンゼルス最高の投手だということを忘れてしまう」

「歴史に名を刻んだ男は投手だ」

「彼は殿堂入りする」

「ビーストモード」

「史上最高」

 17日(同18日)の同カードではアストロズは剛腕ゲリット・コールが先発する。後半戦初アーチを期待したいところだ。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

【写真】「目が変じゃないか?」とファンからは“賛否”の声が…先着3万人に配布される大谷翔平ボブルヘッド人形の実際の写真大谷から受けた“衝撃”―トラウトが米メディアに語る「信じられないと思った」ヤンキース地元NY紙が「逃した鬼才」大谷翔平を大特集
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)