プリシッチ、新監督とのタッグを喜ぶ「僕は彼の活躍を見て育った」

 今シーズンからチェルシーでプレーするアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチはフランク・ランパード監督についてコメントを残している。17日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 プリシッチはゴールドカップを経て、通常よりも遅れて休暇を取っていたが、予定よりも早くプレシーズンの練習に参加している模様。同選手は現在、チームメイトらと共に日本でトレーニングを行なっている。

 冬季移籍市場にドルトムントから加入した同選手は、作シーズンはレンタル移籍という形でドイツに残留。チェルシーの選手としてプレーするのは今シーズンが初となる。

 同選手は次のように語った。

「チェルシーのことを考えると、多くの素晴らしい選手たちが思い浮かぶ。僕はランパード監督らが現役でプレーしているのを見て育ったからね。彼らがチャンピオンズリーグやプレミアリーグで活躍している姿はすごかった」

「僕にとってチェルシーは常に世界で指折りのビッグクラブであったし、そして今ここでプレーできる現状を嬉しく思う。僕の技術をチームのために行かせることを願うよ」


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)