【MLB】CY賞右腕「頭に傷を作ってやる」 死球与えた打者への“威嚇発言”が米で物議

■メッツのフレイジャーに死球をぶつけ、試合後に「不満を持っているなら、僕のところに来ればいい」

 2015年に22勝6敗、防御率1.77でサイ・ヤング賞に輝いたフィリーズのジェイク・アリエッタ投手が“威嚇発言”でMLBから処分を受ける可能性があることを地元メディアが伝えている。6日(日本時間7日)のメッツ戦に先発した右腕は試合後に「頭に傷を作ってやるから」と死球を与えた相手打者に過激な発言を口にし問題となっている。

 地元TV局「NBCスポーツ」は「トッド・フレイジャーに対する威嚇に関して、ジェイク・アリエッタはMLBから処分を受ける可能性がある」と見出しを付け、アリエッタが口にした“威嚇発言”の代償を伝えている。

 問題となった試合は6日(同7日)のメッツ戦。先発アリエッタは5回に対戦したフレイジャーに死球を与えた。この際、フレイジャーは怒りでバットを地面に投げつけ審判に不満を爆発させた。

 この試合で3死球を与えていたアリエッタは試合後に「フレイジャーは不満を持っているなら、僕のところに来ればいいさ。彼の頭に傷を作ってやるから。彼は審判に話していた。僕は25フィート離れていたところにいた。もし彼が怒っているなら、一対一で話せるじゃないか」とコメント。相手を威嚇する過激発言を口に物議を呼んでいた。

 記事では「MLBはこのような過激な脅しをしたことに関して、おそらく罰金という形でアリエッタを処分することになりうる」と伝え、アリエッタの処分について言及している。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

「ふざけるな」モリーナがルクロイへの“タックル”に激怒 アストロズ選手は反論「史上最高の退場」? 激怒の監督に退場を宣告する球審の“優雅な動き”が話題田中将大、“疑惑の判定”を下した球審に米非難 「下手なんてもんじゃない」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)