オリ吉田正、HRダービー決勝進出! 球場どよめく看板直撃弾&4連発で圧倒

■13日に甲子園で決勝戦を行う

■セ・リーグ – パ・リーグ(12日・東京ドーム)

「マイナビオールスターゲーム2019」ホームランダービーが12日、東京ドームで行われた。第1試合は巨人・坂本、ロッテ・レアード、第2試合はヤクルト・村上、オリックス吉田正が対戦。村上、坂本を下し吉田正が決勝進出を決めた。決勝戦は圧巻の4スイング4連発で球場を沸かせた。

 日本を代表するスラッガーたちが2分間球数無制限でホームラン数を競い合った。

 第1試合は坂本が4本塁打でレアード(2本)を下し、第2試合は吉田正が右中間看板直撃を含む5本塁打でヤクルト村上(4本)を下した。そして準決勝は吉田正が圧巻の4スイング4連発で坂本を下し決勝進出を決めた。平均打球速度でも4選手中トップの166キロをマークした。

 13日には甲子園で第4試合をDeNA・筒香と西武・山川、第5試合を広島・鈴木、西武・森が対戦。勝ち上がった選手が決勝戦で吉田正と対戦する。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

村上&岡本、山田哲に坂本、丸、鈴木…ヤクルトの球宴写真にファン歓喜「豪華過ぎる」オリックス、球宴出場の「95年世代」公開! 山岡、森、高橋礼ら豪華5ショット西武山川両リーグ最多、9試合出場の鷹柳田が異例の選出…球宴ファン投票最終結果
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)