92年日本シリーズ伝説の満塁弾 元ヤクルト強打の切り札 杉浦氏が快音2点打

■「4番・一塁」でスタメン出場 かつての応援マーチが神宮に響く

 ヤクルトの球団設立50周年を記念したOB戦「オープンハウス presents スワローズ ドリーム ゲーム」が11日、神宮球場で開催。若松勉監督率いる「Swallows LEGENDS」で「4番・一塁」でスタメン出場した杉浦亨氏が同点の3回無死満塁から、2点適時打を放った。

 杉浦氏といえば、1992年、西武との日本シリーズの第1戦。3-3の延長12回1死満塁から代打サヨナラ満塁本塁打をマーク。日本シリーズ史に刻まれる本塁打を放った。当時と同じ応援マーチが神宮球場に響き渡り、往年の打撃フォームから、快音を響かせていた。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

【表】古田に池山、八重樫、尾花ら往年の名選手が神宮に帰ってきた! 野村克也氏・若松勉氏が指揮を執る「スワローズ ドリームゲーム」出場選手一覧【動画】子供たちの可能性を引き出したい ヤクルト球団が行う投げ方教室がすごい 最後は子供たちからサプライズもヤクルト一筋47年、退団の名捕手 第2の人生で描く夢とは
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)