山陽新幹線の新神戸駅1番のりば、可動式ホーム柵使用開始 JR西日本

JR西日本が、山陽新幹線の新神戸駅1番のりばで可動式ホーム柵の使用を開始します。

大開口タイプのホーム柵

 JR西日本は2019年7月10日(水)、山陽新幹線の新神戸駅1番のりば(下り)に導入した可動式ホーム柵を、19日(金)の始発から使用すると発表しました。

 1977(昭和52)年12月から使われていたホーム柵の取り替え工事が終わり、新たに大開口タイプのホーム柵(近接型)の稼働が始まります。 高さは約1.35m、最大開口(開閉ストローク)は約5.5m、柵延長は約400mです。


externallink関連リンク

東海道新幹線と東北新幹線、なぜ直通しない? 東京駅の複雑な「事情」 実はすごくない初代新幹線「0系」 なぜ世界初の「すごい高速運転」実現できたのか? 東海道新幹線、聞いてはいけない車内放送 「運転室に行け」?
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)