チェルシーの監督“粛清数”がスゴイ…アブラモヴィッチ体制で通算13回

 ロマン・アブラモヴィッチ氏がチェルシーのオーナーに就任してから、数多くの指揮官がクラブを去っている。16日に、チェルシーを率いていたマウリツィオ・サッリ監督のユヴェントス指揮官就任が発表されたが、これはアブラモヴィッチ体制で通算13回目の退任劇となるようだ。イギリスメディア『Sports Mole』が報じている。

 アブラモヴィッチ氏は、2003年7月にチェルシーを買収。豊富な資金力で次々とビッグネームを獲得し、クラブを常時優勝争いのできるレベルに引き上げた。しかし一方で、チェルシーの指揮官の座には、様々な監督が入れ替わり立ち替わり就任しては、新天地を求めていった。アブラモヴィッチ体制下で監督を務めた人物たちは、以下のとおりである。

1. クラウディオ・ラニエリ(2000年9月~2004年5月)
2. ジョゼ・モウリーニョ(2004年6月~2007年9月)
3. アヴラム・グラント(2007年9月〜2008年5月)
4. ルイス・フェリペ・スコラーリ(2008年7月~2009年2月)
5. フース・ヒディンク(2009年2月~2009年5月)
6. カルロ・アンチェロッティ(2009年7月~2011年5月)
7. アンドレ・ビラス・ボアス(2011年6月~2012年3月)
8. ロベルト・ディ・マッテオ(2012年3月~2012年11月)
9. ラファエル・ベニテス(2012年11月~2013年5月)
10. ジョゼ・モウリーニョ(2013年6月~2015年12月)
11. フース・ヒディンク(2015年12月~2016年5月)
12. アントニオ・コンテ(2016年7月~2018年7月)
13. マウリツィオ・サッリ(2018年7月~2019年6月)


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)