ホークス和田、登録抹消も肩に不安なし「当然張りはありますが大丈夫」

■12日の阪神戦で107球「次に投げる日があれば頑張ります」

 ソフトバンクの和田毅投手が13日、登録を抹消された。この日は1軍に残って練習を行い、登板翌日の肩の状態などを語った。

 12日の阪神戦で107球を投げた和田は、左肩の状態について「当然、張りはありますが大丈夫です」と不安がないことを明かした。練習後はグラウンドで視察していた王貞治会長や小久保裕紀氏、斉藤和巳氏に挨拶し、しばらく斉藤氏と談笑していた。

 この日の抹消で最短の1軍再登録は6月23日となるが「それ(再登録日)については僕からは何も言えません」としたうえで「(次回登板まで)間を空けてもらえるので、しっかりと調整して次に投げる日があれば頑張ります」とだけ語った。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)


externallink関連リンク

ホークスが左腕3枚で“虎退治”へ 工藤監督「去年までの阪神さんとは違う」トレード移籍でホークス加入の西田が語る新天地での日々と川島慶三の存在感総額100億円超の投資 ホークスが2019年に仕掛ける「史上最大の勝負」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)