ソフトバンク栗原が1軍再昇格へ 「1軍に食らいつくために結果を出すだけ」

■1か月を経ての再昇格に「自分としては遅かった」

 ソフトバンクの栗原陵矢捕手が13日、和田毅投手と入れ替わる形で1軍昇格を果たす。

 栗原は1軍で9試合に出場して10打数2安打、1打点の成績を残していたが、5月3日に故障明けのグラシアルに代わって登録を抹消されていた。2軍戦で調整を続ける間、九鬼隆平が1軍に昇格。その九鬼も6月10日に抹消となり、13日に改めて栗原が登録される。

 およそ1か月を経ての再昇格に「自分としては遅かったです」という。2軍戦では、28試合出場で打率.302、5本塁打、19打点の成績を残しており、11日の広島戦(タマスタ筑後)でも三塁打を放ったばかりだ。

 2軍では「とにかく1軍に上がるために結果を出すことだけを考えていた」という栗原。さっそくアーリーワークで汗を流し「1軍に食らいつくために『行け』と言われたところでしっかりと結果を出すだけです」と意気込みを見せた。3人目の捕手という立場上、他の野手に比べると出番は限られるだろうが、シュアな打撃は十分にチームの戦力となるはずだ。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)


externallink関連リンク

ホークスが左腕3枚で“虎退治”へ 工藤監督「去年までの阪神さんとは違う」トレード移籍でホークス加入の西田が語る新天地での日々と川島慶三の存在感総額100億円超の投資 ホークスが2019年に仕掛ける「史上最大の勝負」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)