“ロベリー”代役を探すバイエルン、サネ獲得に失敗ならカラスコが標的か

 バイエルンが大連一方に所属するベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコの獲得に関心を示しているようだ。12日、ドイツ紙『ビルト』が報じた。

 今夏の退団が決定している元オランダ代表MFアリエン・ロッベンと元フランス代表MFフランク・リベリーの代役となるウインガー獲得を目指すバイエルンは、マンチェスター・Cのドイツ代表FWレロイ・サネ獲得に動いている。

 しかし、バイエルンが8500万ユーロ(約104億円)程度での移籍成立を目指しているのに対して、マンチェスター・Cの要求額は1億ユーロ(約122億円)と開きがあるため、移籍成立には程遠い状況と言える。

 そのため、バイエルンはサネの獲得に失敗する場合、3000万ユーロ(約37億円)で獲得可能と見られるカラスコにターゲットを変更するようだ。

 また、今夏の大連一方退団を希望するカラスコにはアーセナルも関心を示している。


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)