E5系新幹線のグランクラス公開 鉄道博物館の「南館」オープン1周年で記念企画が続々

鉄道博物館が、南館開館1周年を記念しイベントを開催。E5系新幹線モックアップのグランクラス特別公開をはじめ、学芸員による南館でのガイドツアーなど、全部で13のイベントを予定しています。

E5系新幹線グランクラス公開、新規にガイドツアーも

 鉄道博物館(さいたま市)が、2019年6月15日(土)から7月15日(月・祝)にかけて「南館開館1周年記念イベント」を開催します。

 E5系新幹線のモックアップ(模型)では、普段公開していないグランクラスを7月6日(土)と7日(日)に特別公開。定員制で、学芸員による解説のほか、アテンダントによる車内サービスの説明などが予定されています。料金は1000円(オリジナルグラス付きは4000円)です。 学芸員による「歴史ステーションのヒ・ミ・ツ」ガイドツアー(6月29日・30日)や、「仕事ステーション実物展示」実演・ガイドツアー(7月6日・7日)も開催。ちょうど1周年にあたる7月5日(金)には、「南てっぱく駅」1周年の記念入場券を限定500枚配布します。そのほかおもな企画は次の通り。・400系新幹線電車連結器開閉実演。・南館開館1周年記念ヘッドマーク掲出。・オリジナル缶バッジ作り体験。・南館開館1周年記念オリジナル弁当販売。・ビューレストラン「東北グルメ祭り」特別メニュー販売・人気投票。・「新幹線変形ロボ シンカリオン E5はやぶさMkII」初登場。・企画展「鉄道マンの仕事アルバム~鉄博フォトアーカイブ展~」国鉄フィルム・レポート上映大会。 南館は2018年7月5日に開館。鉄道の「仕事」「歴史」「未来」をテーマとした3つの展示ゾーンが設けられています。

【写真】特別公開するE5系モックアップのグランクラス

0

externallink関連リンク

最高400km/hも計画 次世代新幹線の試験車両「アルファX」、東北新幹線で走行試験へ 東海道新幹線と東北新幹線、なぜ直通しない? 東京駅の複雑な「事情」 「はやて」はいま 東北新幹線の絶滅危惧列車、存在価値は何か?
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)