ロッテ井口監督「一気に畳み掛けられた」 6回に相手の3失策に乗じて大量点

■先発の種市が無傷の3勝目「6回を2点でしっかり抑えてくれた」

■ロッテ 9-2 オリックス(16日・ZOZOマリン)

 ロッテは16日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われたオリックス戦に9-2で勝利し、再び貯金を1とした。

 先発種市が2回に連打から自らの暴投などで、2点を先制される苦しい展開となったが、4回2死から4番井上が右翼スタンドへ運ぶ5号ソロで1点差に詰め寄った。続く5回には中村奨の左中間二塁打から、9番藤岡が山本のカーブを左翼前に弾き返す同点適時打を放ち、試合を振り出しに戻した。

 6回には相手のミスに乗じてビッグイニングを作った。先頭の鈴木の飛球を右翼の小島がまさかの落球。鈴木が一気に三塁を陥れチャンスを作り、「ワンチャンスを活かせるように」と、指揮官がこの日3番に起用した清田が勝負強さを発揮。150キロの直球を右中間へはじき返し、今季16イニングで2得点しかあげられなかった山本由伸から、勝ち越しの3点目を奪った。

 さらに相手守備陣がさらに2つの失策を犯し、この回だけで山本から一挙4得点。今季2試合で1勝0敗、防御率1.13と苦手とした山本をKOした。8回にも中村奨、藤岡、鈴木の適時二塁打で3点を追加し大勝した。試合後、井口監督は「(清田は)なんとか上位打線で得点をと起用したが、いいところで打ってくれた。(相手のミスもあったが)中盤から一気に畳み掛けられましたし、種市も暴投はありましたが、その中でも6回を2点でしっかりと抑えてくれたのがよかったです」と、この日お立ち台に上がった2人のヒーローを褒め称えた。

 これで再び貯金1となった3位のロッテ。17日からは引き続き本拠地ZOZOマリンスタジアムで目下対戦成績3連勝中、眼下の敵である4位楽天を迎え撃つ。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)


externallink関連リンク

2軍降格のロッテドラ1藤原、痛感したプロのレベル「キレ、高校生と次元違う」ロッテ新守護神候補が日本球界に“惚れ惚れ”「今まで経験した何よりも優る」ロッテ福浦&角中が語る“今”と未来の主砲・安田への期待
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)