オリ西村監督、ミス連発に苦言「あれだけ足引っ張られると気持ち持たない」

■選手を起用する自身も責める「使っているのは自分なので」

■ロッテ 9-2 オリックス(16日・ZOZOマリン)

 オリックスがミスを連発し、惨敗した。16日、ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦。6回に1イニング3失策を犯すなど計4つの失策と守備が乱れて大量9失点。9-2で敗れ、試合後の西村徳文監督「もうね、すべてですね、あそこがね。難しいですね」と、乱れに乱れた守備に呆れるしかなかった。

 2回に2点を先制したが、悪夢は6回に訪れた。先頭の鈴木の右飛を小島が落球。三塁まで進まれると、続く清田の中前適時打で勝ち越された。さらに、井上の遊ゴロを大城がエラー。レアードの中前適時打で1点を加えられると、角中のインフィールドフライも捕球できず。2死満塁ではT-岡田がトンネル。足を引っ張られることになった山本は6回途中6安打6失点(自責は2)で2敗目を喫した。

 6回だけで3失策4失点。1試合で4失策を犯した野手陣に指揮官は「インフィールドフライのやつも落としているわけですから。実質4つでしょ。あれだけピッチャーの足を引っ張ってしまうと、気持ちがもたない。こういうことやっている以上は上には行けないということですよね」と顔をしかめ「使っているのは自分自身なので、こっちの責任としてこれから考えていかないといけない。選手もしっかりしてもらわらないと、本当はチャンスを自分自身でモノにしていかないといけないのに」と、選手を起用する自身も責めていた。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)


externallink関連リンク

オリ戦力外の“いぶし銀”が引退決断、胸中吐露「心は決まっていた」「当たったら凄い」―オリ未完の大器が2戦連発、驚異の“本塁打率100%”オリックスの剛腕がプロ7年間で見せた功績 輝きは一瞬も、記憶に残るマウンド
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)