鷹、連敗ストップ 高橋礼がトップタイ無傷の5勝目、西武を散発5安打に封じる

■ソフトバンクはグラシアルと甲斐の2本のソロで競り勝つ

■ソフトバンク 5-1 西武(16日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが、高橋礼投手の好投で連敗を3で止めた。16日、本拠地ヤフオクドームでの西武戦。先発したサブマリン右腕は強打の西武打線を1失点に封じる好投を見せ、チームの連敗ストッパーとなった。

 4回にグラシアルのソロ本塁打で先制したソフトバンク。5回に高橋礼が中村に同点ソロを浴びたが、7回に女房役の甲斐が右翼ホームランテラス席へのソロ本塁打を放ち、勝ち越しに成功した。高橋礼は8回を投げてわずか2奪三振。16個の内野ゴロを打たせて、リードを守った。右腕は自己最長の8回を投げて5安打1失点。ハーラートップタイに並ぶ無傷の5勝目をあげた。

 西武は先発の榎田が8回まで5安打に封じ、2本のソロ本塁打による2点だけにまとめた。だが、自慢の打線がソフトバンク先発の高橋礼の前に大苦戦。散発の5安打に終わり、接戦に競り負けた。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

鷹、3年目の九鬼がプロ初昇格へ 1軍練習合流「びっくりする反面嬉しかった」鷹に気になるジンクス発生中… 水曜日6連敗&ヤフオクDに戻った試合は6戦全敗「ミギータ」ことホークス真砂の覚醒はいつ? 1軍でつかんだ“秘密”のヒント
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)