『家政夫のミタゾノ』第5話に安達祐実が登場!怪しげな女性を熱演…

TOKIOの松岡昌宏扮する、女装した家政夫・三田園薫が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』。

5月17日(金)放送の第5話には、メインゲストとして安達祐実が登場する。安達が第5話で演じるのは、ミタゾノたちが派遣された梅小路家にやってきて、家主である悠一(長谷川朝晴)に「この家を2億円で売って欲しい」と申し出る不動産会社の女性・筧真子。
悠一は亡くなった妻の真奈美に瓜二つな真子に驚き、娘の葉月は真子を見て「ママが帰ってきた」と大喜びしすっかり懐いてしまう。しかし実は真子はある“意図”を持って梅小路家に近づいてきているのだった。
そんな怪しげな真子と、亡くなった女性・真奈美という2人の女性を演じる安達。撮影現場では松岡ともいろいろな話をしたとして、初めて実際に目の当たりにしたミタゾノについては「迫力満点でした!」と感想を明かした。
毎話“迫力満点”にミタゾノを体現している松岡についても「お芝居でも、目の奥に色々な感情や企みなどを表現されていました。これまでのシーズンで築きあげられてきたミタゾノ像を目の当たりにする事ができ、うれしかったです」とし、「私が演じる怪しげな女性の真実がどこにあるのかをぜひ楽しみながらご覧ください!」と見どころを語った。
“ドッペルゲンガーとタピオカミルクティー”がキーワードとなる『家政夫のミタゾノ』第5話。安達が演じる2人の女性とは、いったいどんな関係なのか、そして彼女がミタゾノたちに及ぼす多大な影響とは何なのか。ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。


externallink関連リンク

TOKIO松岡、V6井ノ原との“初めてのケンカ”の理由を語る「目が…」嵐・松本潤、安達祐実とのクラスメート時代を振り返り「大事件」嵐・相葉雅紀、一人暮らしでの“大失敗”を語る「TOKIOの松岡先輩が…」中村倫也、安達祐実夫妻の私生活に「知的な変態夫婦」TOKIO松岡、恥ずかしい過去を暴露され「病んでたんだよ!」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)