前田健太、圧巻12Kもなぜ7回途中降板? ロバーツ監督説明「少しだけ球が…」

■2回1死から6連続三振を奪うなど12三振全てを空振りで奪った前田健太

■ドジャース 2-0 パドレス(日本時間16日・ロサンゼルス)

 ドジャースの前田健太投手が15日(日本時間16日)、本拠地でのパドレス戦に先発し、今季5勝目をマークした。6連続三振を含む今季最多の12個の三振を奪い、6回2/3を投げて3安打無失点。打っても、この日の全得点を叩き出す先制の2点適時打を放つなど、メジャー初マルチ安打を記録して投打で大活躍し、チームを勝利に導いた。

 序盤から三振の山を築いていった前田。2回1死から4回1死まで圧巻の6者連続三振。ストレート、変化球ともにキレ、コントロール共に抜群で、特にスライダーが冴え渡った。毎回三振を奪い、7回1死一塁でレンフローを空振り三振に斬ったところで、85球で降板となった。打っても2回に先制の2点適時打、4回には右前安打と2安打。あとを受けたリリーフ陣も無失点でリレーし、前田は5勝目を掴んだ。

 右腕の圧巻の投球に、ドジャースのデーブ・ロバーツ監督も称賛の声を並べた。「彼はこれ以上想像できないくらい今日は素晴らしい出来だった。特にパドレスと10日前に対戦したばかりなのに。追いつ追われつの試合展開の中で、今夜のように速球を思い通りに操り、スライダーを低めに集め、チェンジアップ、スプリットチェンジもよかった。必要な時にはスライダーでストライクを奪えることも披露した。本当に見ていて楽しいピッチングだった。彼はただただ……7回までの全てが……、いや、彼は素晴らしかった。今夜はずっと素晴らしかった」と褒め称えた。

 7回2死一塁、85球と余力を残しての降板となった前田。ダグアウトから出ると、ファンから大ブーイングを浴びた指揮官は、この継投策について「7回が始まって、少しだけ球がばらつきはじめて見えた。スライダーにキレがなくなり、レンフローに対しては良い投球をしたが、速球もストライクゾーンから外れることが数回あった。球が走らなくなってきたように思えた。監督として、とても素晴らしい登板だったが、(降板させるタイミングは)今だと思った」と説明していた。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)


externallink関連リンク

前田健太の7回途中降板にファン大ブーイング 米メディアも疑問「どういうこと!?」前田健太のコスパはドジャースNO1! 出来高込み12億円超でも「格安」【動画】前田健太、自らを援護する先制の2点タイムリー! 詰まった打球に苦笑い
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)