山手線で「中央線の旅」! 信州・山梨の魅力を発信するラッピングトレインが出発!

JR山手線で、中央線沿線の信州・山梨エリアをPRする「『魅力はっけん!中央線の旅』山手線ラッピングトレイン」の運行が始まりました。車体には信州と山梨の名産品や名所、風景などの写真をラッピング。期間限定で運行します。

30日間の限定運行

 東京都内を走るJR山手線で2019年5月16日(木)、信州・山梨をPRする「『魅力はっけん!中央線の旅』山手線ラッピングトレイン」の運行が始まりました。

「魅力はっけん!中央線の旅」は、2019年3月からJR東日本が展開しているプロモーションです。信州・山梨エリア(中央線沿線)の自然や日本酒、ワインなどの情報をウェブサイトや駅ポスターなどで発信しているほか、予約サイト「えきねっと」では会員向けに割引きっぷや旅行商品も販売しています。 今回のラッピングトレインは、そのプロモーションの一環として登場。山手線E235系電車(1編成)の車体ドア脇に、信州の入笠山や奈良井宿、諏訪湖花火、上高地、山梨の桃やぶどう、西沢渓谷、明野のひまわり畑、日本遺産「葡萄畑が織りなす風景」の写真をラッピング。車内の中吊り広告なども信州と山梨をPRしたものとなっています。「『魅力はっけん!中央線の旅』山手線ラッピングトレイン」の運行期間は5月16日(木)から6月15日(土)まで。30日間の期間限定運行です。


externallink関連リンク

京浜東北線が山手線を走行 JR東日本のりんかい線買収でどう変わる? 品川発、気づいたら「大津港」ってどこ? 寝過ごし注意の列車【関東編】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)