広島、5点差ひっくり返し逆転サヨナラ勝ち 延長10回鈴木のサヨナラ弾で2位浮上

■9回に鈴木、磯村の適時打などで4点奪って追いつく

■広島 9-7 ヤクルト(15日・マツダスタジアム)

 広島が一時あった5点差をひっくり返して逆転サヨナラ勝ちを飾った。15日、本拠地でのヤクルト戦。4点ビハインドで迎えた9回に怒涛の4点を奪って、試合を振り出しに戻すと、延長10回に鈴木がサヨナラ2ランを放った。

 土壇場にドラマが待っていた。4点差で迎えた9回、菊池の右前安打、バティスタの三塁失策で1死一、二塁とすると、鈴木が中前適時打を放ってまず1点。満塁となり磯村が2点適時打を放って1点差。田中広が四球を選んで再び満塁とすると、代打・小窪が押し出し四球を選んで同点に追いついた。

 延長にもつれ込むと、鈴木がこの日2本目の本塁打となるサヨナラ13号2ランを放って激戦に終止符を打った。広島は4連勝。貯金を今季最多の3に増やし、2位に浮上した。

 ヤクルトは7番手の梅野が9回に4安打2四球で4点を失い、同点とされると、延長10回に8番手中尾がサヨナラ弾を食らって痛恨のサヨナラ負けを喫した。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

広島緒方監督「さすがカープの4番!」サヨナラ弾含む4安打5打点の鈴木を絶賛広島ドラ1小園海斗 卒業式で同級生から「誰が一番すごい?」の質問に…広島は「上がってくる」 山崎武司氏が分析、大苦戦の要因&浮上の鍵は「投手に尽きる」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)