片寄涼太、GENERATIONSメンバーと主演映画鑑賞「世のため人のためになった」<きみと、波にのれたら>

【片寄涼太/モデルプレス=5月14日】GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太が14日、都内にて行われたアニメーション映画『きみと、波にのれたら』(6月21日全国公開)の完成披露舞台挨拶に川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎、湯浅政明監督とともに登壇した。

【さらに写真を見る】片寄涼太、イリュージョンで登場!?

◆片寄涼太、GENERATIONSメンバーと映画鑑賞

今回が声優初挑戦となる片寄は、「アニメーションなんですけど、人間味のある作品。人の命とか人生とか大切なものも描かれているとっても素敵な作品」と映画の魅力をアピール。

主題歌にはGENERATIONSが歌う新曲「Brand New Story」が起用されており、関係者などが参加する初号試写でメンバーとともに映画を鑑賞したそう。メンバーの反応については「このような素敵な作品で曲もたくさんかけていただいて、物語の鍵となる曲にもなっているのですごく喜んでいた。世のため人のためになったなとメンバーも満足していました」と感激した様子を伝えた。

また、作品の内容にちなみ“誰かに背中を押してもらった経験”を聞かれると、高校で教師をしているという父親に触れ「上京するときに高校生だったんですけど、父が『大学はいつでもいけるから、今やれることをやった方がいい』って言ってくれて、そこで迷いが吹っ切れて、やってみよう挑戦してみようって思えた」とエピソードを披露。「父からすれば高校の教師で『大学はいつでもいける』って言っちゃいけないと思うんですけど、言ってくれてすごく気が楽になった」と感謝していた。

◆映画『きみと、波にのれたら』

劇場アニメ『夜は短し歩けよ乙女』、『夜明け告げるルーのうた』などで知られる湯浅監督の最新作となる同作は、海辺の街を舞台に描かれる感動のラブストーリー。片寄は正義感が強い消防士の青年・雛罌粟港(ひなげし みなと)、川栄は彼と恋に落ちるサーファー・向水ひな子(むかいみず ひなこ)、松本は港の妹でぶっきらぼうな性格の高校生・雛罌粟洋子(ひなげし ようこ)、伊藤は港の後輩で新人消防士の川村山葵(かわむら わさび)の声をそれぞれ担当する。

舞台挨拶冒頭では、片寄が「渋滞で遅れている」と伝えられ、片寄を除く川栄・松本・伊藤・湯浅監督が登壇し、片寄が声を演じた港が映る水槽ビジョンを囲んでトーク。

港が観客からの質問に答えるやりとりが行われた後、「そろそろ時間だ!消えちゃう!」と言うと、水槽からイリュージョンで片寄が現れ、会場を沸かせた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】


externallink関連リンク

他の写真・記事詳細をもっと見る川栄李奈、GENERATIONS片寄涼太と2人で歌唱「すごく嫌だった」?監督は太鼓判<きみと、波にのれたら>菜々緒「私の母なので強いです」自身の母親を紹介 川栄李奈も納得?川栄李奈「仕事がなくなる日も来ると思っている」“ブレイク女優”と呼ばれることへの本音…困難に立ち向かう方法は?<モデルプレスインタビュー>川栄李奈“覗き見現場”に本格参戦「まさかの展開で怒涛の…」<家政夫のミタゾノ>
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)