オープントップバスで観光いかが=横浜市

横浜・みなとみらい21地区で、京急電鉄が2階席の屋根がない「オープントップバス」の運行を始めた。雨天・荒天を除く土日祝日に限り、1日4便を運行。料金は大人1800円、子ども900円で、4歳未満は乗車できない。
コースは2種類あり、日中は横浜駅から赤レンガ倉庫や山下公園の前を通り、横浜ベイブリッジから大黒ふ頭を折り返す約80分のコース。午後6時半からは、臨海部を周遊し工場や高層ビルなどの夜景が楽しめる約60分のコースとなる。ガイドが街の歴史を解説する中、開放感あふれる地上約3.5メートルの高さから風景を満喫できる。
記念式典で、原田一之京急電鉄社長は「新しいにぎわい創出や観光促進を行い、さらなる地域の盛り上げに努めていきたい」と意気込みを語った。【もぎたて便】

〔写真説明〕林文子横浜市長らを乗せ、試乗運行に出るオープントップバス=同市役所
〔写真説明〕頭上の景観が楽しめるオープントップバス車内=横浜市


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)