模型に見る人気の艦艇、戦車はどれ? ほか「静岡ホビーショー2019」に模型各社集結

ミリタリージャンルのプラモデルは歴史が長いものですが、その商品ラインナップや売上げにおいては、たとえばどの艦艇が人気なのでしょうか。「静岡ホビーショー2019」の会場で、出展社にその実際のところを聞きました。

一般公開日は11日(土)と12日(日)

 プラスチックモデル生産の国内シェア86%を占める静岡市にて、恒例の「静岡ホビーショー」が、2019年5月8日(水)から12日(日)の日程で開幕しました。ツインメッセ静岡を会場に、プラモデル、ラジコン、鉄道模型などのメーカーがブースを出展、毎年7万人以上の来場者を数えるイベントです。

 そのジャンルも多彩で、たとえばプラモデルとひと口に言っても、アニメ『機動戦士ガンダム』を題材としたいわゆる「ガンプラ」から、スポーツカー、日本の城郭、たこやき屋台、美少女キャラクター、農業機械と、日本有数のメーカーが集結しているだけあり出展は多岐にわたります。

 もちろん、艦艇(軍艦)や戦車、戦闘機など、歴史の長いミリタリージャンルのプラモデルも、新商品を含め実に多くのキットが出展されていました。あまり知られていないマイナーな兵器も見られる一方、人気のものは各社競うようにキット化するため、会場のあちこちで目にすることができます。そうした傾向や実際の売り上げなどから、たとえば本当に人気のある艦艇はどれか、といったものも見えてくるかもしれません。 そして、艦艇に関して結論から言えば、旧日本海軍の戦艦「大和」が突出しているそうです。タミヤブースで説明にあたっていたスタッフによると「知名度などからも、やはり段違いで『大和』が売れています」とのことで、確かに様々なキットが複数社のブースで見られました。 では旧日本海軍の艦艇で、その次に来るものはなんでしょうか。昭和初期の少年たちのあいだでは、戦艦「長門」や空母「赤城」が人気だったそうですが、平成から令和にかけてのご時世には、ある駆逐艦の名が挙げられるそうです。

「大和」の次はあの「幸運艦」

 前述のように、タミヤからは戦艦「大和」をはじめ、旧日本海軍の艦艇のプラモデルが多数、発売されています。そして「大和」の次に売れているものは、戦艦でも空母でもなく、駆逐艦「雪風」だそうです。

「『雪風』は武勲艦として、また終戦まで生き残った艦艇として知名度があり、人気があるようです。また実に運のよい“幸運艦”としてもよく知られますが、その操艦技術や危機管理能力など、生き残るべくして生き残ったともいえ、そうしたあたりが人気の理由でしょう」(タミヤ) ブースには、350分の1スケールの「雪風」を、さらに精密に作りこめる「ディティールアップセット」を付加したモデルがディスプレイされていました。甲板の柵や主砲の砲身などを金属で再現した、本体キットとは別売りのパーツセットで、7月発売予定とのことです。価格は1万円近くと、本体キットよりも高価ですが、そのあたりにも人気の程が見て取れるかもしれません。

 なお実際の駆逐艦「雪風」は、太平洋戦争において数多の戦闘に参加し、戦艦「大和」の最期にも同航しましたが、大きな損傷を受けることなく終戦を迎えています。戦後は海外に残された日本人を本土へ送る復員輸送任務に従事したのち、賠償艦として中華民国に引き渡され、1971(昭和46)年に解体されました。

戦車はやはりドイツが強い

 ところで、今回の「ホビーショー」における目玉のひとつは、実物大で再現されたドイツの「IV号戦車」でしょう。アニメ『ガールズ&パンツァー』に登場した同戦車仕様とのことで、会場でも大いに注目を集めていました。プラモデルなどでも戦車、なかでもやはり第2次世界大戦時から現代にいたるまでのドイツ戦車は人気のようで、こちらもあちこちのブースでさまざまな商品がラインナップされていました。

 数あるドイツ戦車関連商品のなかにおいて、とりわけ目立っていたのは、ホビージャパンのブースに展示されていた6分の1スケール「ティーガーII キングタイガー ヘンシェル砲搭型」です。すべて金属製の、7500点以上のパーツで組み上げられており、総重量はなんと200kg。ブースで説明にあたっていた同社スタッフによると、「今回の展示のためにここまで運ぶだけで相当大変でした」とのことです。価格も190万円(税別)と破格のキットで、これに別途消費税と送料がかかるわけですが、2018年夏に発売して以来「ポツポツとは売れています」(ホビージャパン)といいます。

 ちなみに、こちらも歴史の長い鉄道模型ジャンルにおける今回の目玉のひとつは、トミーテックの鉄道模型ブランド、トミックスから発売されるNゲージモデル「JR 87系寝台ディーゼルカー(TWILIGHT EXPRESS 瑞風)」かもしれません。ヘッドライト、テールライトの再現や内装など、Nゲージという限られたサイズのなかで、隅々まで微に入り細をうがつ仕上がり。こちらは2019年9月発売予定とのことです。※ ※ ※ 2019年の「静岡ホビーショー」、会場は静岡市のツインメッセ静岡で、一般公開日は5月11日(土)の午前9時から17時までと、12日(日)の午前9時から16時まで。入場は無料です。


externallink関連リンク

「車輪の戦車」なぜ世界のトレンドに 陸自16式機動戦闘車に見るその背景 陸自「ガンタンク」の強さとは? 攻撃ヘリ、ひとたまりもなく 87式自走高射機関砲 機関銃と機関砲はなにが違うの? 射撃の様子を口径順に並べてみた
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)