西武外崎&金子侑スタメン落ち、ドラ3山野辺「9番・二塁」&源田が初「3番・遊撃」

■先発は2勝目を狙う榎田がマウンドに上がる

■西武 – ロッテ(9日・県営大宮)

 9日に県営大宮球場で行われる西武-ロッテ戦(18時開始)のスタメンが発表された。西武は2日に1軍復帰し8回1失点の好投で今季初勝利をあげた榎田が先発する。

 西武は大幅にスタメンを入れ替えた。ここまで全試合にセカンドで先発出場してきた外崎、主に1番として起用されていた金子侑が今季初のスタメン落ち。代わって山野辺が「9番・二塁」でスタメン出場する。また、源田がプロ入り初の「3番・遊撃」でのサプライズ起用となった。

 外崎は前日の試合で16打席ぶりのヒットを記録していたが、打率は2割まで低下していた。久しぶりのベンチスタートとなるが「初心に帰るというわけではないけど、試合に出れるかどうかだった時期の感じ(を思い出す)。でも熱い心を持って勝負したい」と気合を入れ直していた。代わって出場する山野辺は5日以来のスタメン出場に「前回はもっと思い切りいけたところがあった。今日はその反省を活かしたい」と話していた。

 両チームのスタメンは以下の通り。

【ロッテ】
1(中)荻野
2(指)鈴木
3(左)角中
4(一)井上
5(三)レアード
6(二)中村
7(右)清田
8(捕)吉田
9(遊)三木
投手 岩下

【西武】
1(中)秋山
2(右)木村
3(遊)源田
4(一)山川
5(捕)森
6(三)中村
7(左)栗山
8(指)メヒア
9(二)山野辺
投手 榎田(安藤かなみ / Kanami Ando)


externallink関連リンク

ドラフト1位にも引けを取らない主力ズラリ 西武が誇る「ドラフト3位」「捕手がいい音で捕ってくれるうちはダメ」―西武今井が「特別な投手」である理由「プロの世界は甘くない」 西武・森友哉はなぜ不振から復活したのか
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)