<中間速報>下部ツアー1勝のD・ブーマが単独首位 日本勢最上位は池村寛世

<アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 初日◇9日◇総武カントリークラブ 総武コース(千葉県)◇7333ヤード・パー71>

アジアンツアーと日本ツアーの共同主幹大会「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」の初日が行われている。全組が前半を終え、今季の男子下部ツアー(AbemaTVツアー)「i Golf Shaper Challenge in 筑紫ヶ丘」で優勝のダンタイ・ブーマ(タイ)が4アンダー単独首位に立っている。

首位と1打差2位タイには池村寛世とブレンダンジョーンズ(オーストラリア)、2打差4位タイには手嶋多一、Y・E・ヤン(韓国)、浅地洋佑、H・W・リュー(韓国)、アマチュアの米澤蓮の5人が続いている。

昨年賞金王の今平周吾は1アンダーでフィニッシュし、現在9位タイ。昨年覇者の池田勇太、17年覇者の片岡大育はともに2オーバーでホールアウト。現在43位タイとなっている。

先週「中日クラウンズ」で優勝の宮本勝昌は7オーバーでホールアウトと苦戦。現在132位タイと出遅れてのスタートとなった。そのほか、中島啓太が4オーバーでプレー中となっている。

0

externallink関連リンク

■手嶋多一のFWが90年代モデルに逆戻り! ■市原弘大さん、サングラス逆じゃないですか? ■あの名器の再来!? ミズノプロ『無刻印プロト』投入の手嶋多一「TN-87が帰ってきた」 ■池村寛世、『オリジナルワン』を調整中。テーラー創業40周年記念作が日本に!? ■女子マッチプレー スコア速報中!
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)