オリ吉田正が先制2ラン 5戦4発と絶好調

■初回の第1打席で右越え4号2ラン

■オリックス – 日本ハム(16日・京セラドーム)

 オリックスの吉田正尚外野手が絶好調だ。16日のオリックス戦で「3番・左翼」でスタメン出場し、初回の第1打席で先制4号2ランを放った。

 初回1死一塁。1ボール2ストライクから、左腕・上原の低めスライダーを拾って右越え4号2ランとした。

 先制の一発を放った吉田正は「打ったのはスライダーです。タイミングは外されていましたが、上手くヘッドに乗せてひろう事が出来ました。まずは先制点を取る事が出来て良かったです。」とコメント。

 11日ロッテ戦から5戦4発。侍ジャパンでも活躍が期待される大砲が状態を上げている。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

「当たったら凄い」―オリ未完の大器が2戦連発、驚異の“本塁打率100%”山本由伸に続け! 主力大流出のオリ、2019年のブレーク期待の有望5選手は…生まれ変わるチームの象徴に― オリックス23歳の正捕手が見せる「自覚」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)