【MLB】カーショー、復帰戦で7回2失点好投 指揮官「驚くことは何もない」

■元同僚のプイグに先制2ラン被弾も7回6K5安打2失点「楽しい夜になった。いい一歩」

■ドジャース 4-3 レッズ(日本時間16日・ロサンゼルス)

 ドジャースのクレイトン・カーショー投手が15日(日本時間16日)、本拠地のレッズ戦で今季初登板初先発。7回5安打2失点と好投したが、勝ち負けは付かなかった。

 初回1死一塁から昨季まで同僚だったプイグに先制の中越え2ランを被弾したものの、縦に大きく割れるカーブは健在。6回は3者連続三振に抑えるなど6三振を奪った。カーショーは「初回以外は楽しい夜になった。いい一歩になった」と振り返った。

 サイ・ヤング賞を3度受賞している左腕は春季キャンプ中に左肩の炎症に悩まされ、球団記録更新となる9年連続開幕投手を回避していた。この日は「ジャッキー・ロビンソンデー」で、黒人初のメジャーリーガーとしてプレーしたロビンソン氏に敬意を評し、チーム全員が背番号42を着てプレーした。チームはピダーソンの9回逆転2ランでサヨナラ勝ち。エースの投球について、ロバーツ監督は「よく投げていた。ただ、驚くことは何もない」と評価していた。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)


externallink関連リンク

前田健太、タンクトップでの投球写真を公開 “メジャー仕様”の肉体に「肩すごっ」前田健太のコスパはドジャースNO1! 出来高込み12億円超でも「格安」ド軍守護神が“ほっこり動画”公開 父真似て筋トレに励む息子が「可愛らしい」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)