【MLB】6回3失点で初勝利ならずの菊池雄星 指揮官は評価「期待通りの活躍だ」

■3回まで3失点も4~6回は無安打、4奪三振に「試合が進むにつれて投げやすくなるもの」

■インディアンス 6-4 マリナーズ(日本時間16日・シアトル)

 マリナーズ・菊池雄星投手が15日(日本時間16日)に本拠地インディアンス戦に先発し、6回3失点でメジャー初黒星を喫した。初回に2死から3安打などで2失点してしまった立ち上がりについて、マ軍のサービス監督は「初回に早々と2アウトを取って点は取られたが、キクチは非常に良い投球をしていた。試合が進むにつれて一旦軌道に乗ってしまえば、彼はテンポを掴み、それにより彼は少し投げやすくなる。今夜の彼の出だしの投球は非常に良いと感じた」と3回にラミレスに被弾するなど序盤に3失点したものの、4~6回まで無安打、4三振を奪うなど追加点を与えなかった投球を評価した。

 またしても初勝利はお預けになったが「彼は6回を投げ切ってくれた。彼は我々に勝機を残してくれた。期待通りの活躍だ」とねぎらった。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)


externallink関連リンク

マリナーズがメジャー記録更新の開幕19戦連続本塁打 8回裏に連続弾でファン歓喜「なんてことだ!」――菊池雄星のブルペン投球を地元メディア絶賛「もの凄い動き…」菊池雄星、拙守に足引っ張られ初勝利逃す 288失策ペースを米記者酷評「非現実的」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)