オリ、楽天、DeNAが大幅増、全体では昨年比2.9%増 序盤戦のNPB観客動員数

■史上最多の2558万人を記録した2018年を上回るペース

 開幕から約3週間が経過し、プロ野球は対戦カードが1巡した。序盤戦の観客動員の動向について見ていこう。

 2019年4月14日(日)時点と、2018年4月15日(日)時点の、各球団の主催試合の観客動員。1試合当たりの平均観客数順。/は昨年の数字。%は昨年比での増減。

1 巨人6試合26万5501人
平均4万4250人/4万3545人+1.62%

2 阪神9試合36万5532人
平均4万615人/3万9736人+2.21%

3 ソフトバンク9試合31万9556人
平均3万5506人/3万2771人+8.34%

4 日本ハム9試合29万1761人
平均3万2418人/3万4212人-5.24%

5 DeNA9試合285,598人
平均3万1733人/2万8524人+11.25%

6 広島9試合28万2855人
平均3万1428人/3万1281人+0.47%

7 中日5試合14万2262人
平均2万8452人/2万7913人+1.93%

8 楽天6試合15万9330人
平均2万6555人/2万3382人+13.57%

9 ヤクルト6試合15万2368人
平均2万5395人/2万8918人-12.18%

10 オリックス6試合14万3048人
平均2万3841人/1万8992人+25.53%

11 ロッテ5試合11万3837人
平均2万2767人/2万1910人+3.91%

12 西武8試合17万2832人
平均2万1604人/2万4426人-11.55%

 1試合当たりの観客動員が最も増加したのはオリックス。前年から25.53%増加した。昨年4月10~12日の楽天戦3試合合計で3.87万人という不入りだったが、今季は同じカードで6.17万人。この増加分があり、大きく増えた。

■楽天は14日に本拠地で過去最多の2万7503人を記録

 楽天は14日に楽天生命パークとして過去最多の2万7503人を記録。全日2万5000人超えで、前年比13.6%増。DeNAは今季から横浜スタジアムの改修によってウィング席(3500席)が増設されたことで、11.25%増加。これまではキャパの関係で3万人を超えることはなかったが、今季はすべて3.1万人超えとなっている。

 ソフトバンクは今季増席されたことで、昨季は無かった4万人超えが2試合。出足好調で8.34%増。巨人、阪神、広島、中日が微増。日本ハムは12日のロッテ戦が2万人割れなどやや不調で5.24%減となった。

 西武は昨年観客数が急増したが、今年は平日の観客動員が伸びず11.6%減。ヤクルトは首位を走っているが、神宮球場の開幕シリーズが、2018年(広島戦)が8.78万人だったのに対し、2019年(DeNA戦)は6.46万人と振るわず、これが響いて12.18%減。

 ただし試合消化数は全試合の10%程度、今後、大きく数字が動くと考えられる。

セ・リーグ44試合149万4116人
平均3万3957人/3万4084人-0.37%

パ・リーグ43試合120万364人
平均2万7915人/2万5625人+8.94%

合計87試合269万4480人
平均3万971人/3万97人+2.90%

 全体的には平均観客は2.9%増、このままいけば史上最多の2558万人を記録した2018年を上回ることが期待される。(広尾晃 / Koh Hiroo)


externallink関連リンク

鷹・柳田が驚愕した2人の“超人”「あんな日本人いない」「エゲツないスイング」MLB先発捕手が一目置いた巨人の打者は…「名前は分からないけど、3番と4番打者」巨人から「ビックリ」4位指名 大阪桐蔭の“未完の大器”がプロ入りに賭けた理由
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)