【MLB】ダルビッシュ、330日ぶりの白星に地元メディア称賛 「これまでで最高の登板」

■最速159キロを記録するなど8三振を奪い2018年5月21日レッズ戦以来、330日ぶりの白星

■カブス 7-2 マーリンズ(日本時間16日・マイアミ)

 カブスのダルビッシュ有投手が15日(日本時間16日)の敵地マーリンズ戦に今季4度目の先発。5回2/3を投げ4安打2失点8奪三振の力投で今季初勝利をマーク。2018年5月21日レッズ戦以来、330日ぶりの白星に地元メディアも賛辞を送っている。

 最速159キロの直球を軸に切れ味鋭いスライダーで今季最多の8奪三振をマーク。走者を背負いながらも要所を締め大量失点を許さなかった粘投に地元紙「シカゴ・トリビューン」は「2度のピンチを切り抜けるなどして試合に勝利し、ダルビッシュの上昇気流は続いた」と、今季初勝利をマークした右腕を称賛。

 この日を中継した地元TV局「WGN」も昨年5月以来の白星に「次の勝利を挙げるまでには、なかなかの忍耐力を要した」と、右肘の手術を経て得た白星を振り返り「彼にとってはこれまでで最高の登板」と伝えていた。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

ダルビッシュ、ファンからの“助言”に苦悩「簡単に変えられまへんねん」ダルビッシュ、家にフェンス設置で「隣人から訴えられた」 地元紙が報じるダルビッシュ、2016年以来、3シーズンぶりに98.7マイル計測 自己最速は98.9マイル
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)