始球式に「翔んで埼玉」=埼玉県所沢市

公開中の映画「翔んで埼玉」に出演している埼玉県出身のモデル益若つばささん(33)が、メットライフドーム(所沢市)のプロ野球西武-ロッテ戦で始球式を務めた。ボールはバウンドして捕手のミットに納まったが、試合前の場内を盛り上げた。
映画の舞台となった埼玉に本拠地を置く西武とのコラボ企画として実現した。益若さんは映画のタイトルがデザインされたTシャツを着用し、球場に登場。始球式前に西武の選手からボールの握り方などについてアドバイスを受け、念入りに投球練習、本番に臨んだ。
益若さんは「たくさんの人が見ている中で(頭の中が)真っ白になってしまい、全然だめだった。選手って本当にすごいなと思った」と笑顔で話した。
益若さんは、始球式に先立って行われたトークイベントにも出演。「映画を見た200万人のうち6分の1は埼玉の人で、私たちも(ヒットに)びっくりしている。映画の中にも埼玉と千葉の戦いが出てくるので負けられない戦いだ」と西武の選手にエールを送っていた。【もぎたて便】

〔写真説明〕始球式を務めた益若さん=埼玉県所沢市
〔写真説明〕西武の佐藤龍世選手(右)からボールの握り方や投げ方を教わる益若さん=埼玉県所沢市


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)