日米、関税撤廃は包括的に=初日の貿易交渉終了-茂木氏「実質議論できた」

 【ワシントン時事】日米両政府は15日午後(日本時間16日午前)、新たな貿易協定交渉の初会合をワシントンで開き、初日の協議を終えた。茂木敏充経済再生担当相は協議後の記者会見で、物品の関税撤廃・削減について包括的に交渉し、米農業界が求める農産品分野の先行合意にはならないとの見通しを示した。サービス分野の詳細や米国の提案に関しては2日目の協議後に説明するとした。
 会合は茂木氏とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が出席し、16日まで行う。物品貿易に加え、サービス分野をどこまで交渉範囲に含めるかどうかが焦点となっており、初日は約3時間協議した。
 茂木氏は会見で「実質的なことも含めて議論ができた」と指摘。米国側の農業市場の自由化を先行すべきだとの主張については、「基本的にパッケージで決めていく」と述べ、農産品だけでなく自動車など工業製品の関税撤廃・削減も含めて検討すべきだとの考えを強調した。 
〔写真説明〕日米貿易協定交渉の初会合に臨む茂木敏充経済再生担当相(右)とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表=15日午後、ワシントン(日本政府提供)
〔写真説明〕日米貿易協定交渉の初会合に臨む茂木敏充経済再生担当相(右から2人目)とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表(左から3人目)=15日午後、ワシントン(日本政府提供)


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)