【MLB】3戦未勝利のダルビッシュ 米コラムニストは辛辣な提言「期待リセットすべき」

■今季ここまで3試合に先発し0勝2敗、防御率7.50のダルビッシュ

 右肘の手術からの復活を目指すカブスのダルビッシュ有投手。ここまで今季は3試合に先発しているが、白星はなく0勝2敗、防御率7.50という成績になっている。今季初先発となったレンジャーズ戦で7四球を与えるなど制球に苦しみ、その後は徐々に投球内容は改善の兆しは見せているものの、まだ白星は手にできていない。

 カブスも開幕から波に乗れず、14試合を終えて5勝9敗と、4つの負けが先行している。首位のブルワーズとは4ゲーム差、レッズとともにナ・リーグ中地区の最下位に沈んでいる。開幕から苦戦が続くダルビッシュとカブスについて、地元紙「シカゴ・サンタイムズ」のコラムニストであるリック・モリセイ氏は、ダルビッシュに対しての期待値を「リセットするべき」と提言している。

 3月30日(日本時間31日)のレンジャーズ戦では2安打7四球で3点を失い、3回途中で降板となったダルビッシュ。続く4月4日(同5日)のブレーブス戦は5安打4四球で3失点して5回途中で降板し、10日(同11日)のパイレーツ戦では5安打0四球5失点で6回途中降板した。

 モリセイ氏は「シカゴ・サンタイムズ」で「ダルビッシュ有の先発とカブスのシーズンに関してこれまでの背景をいくつか説明をする時だ」とするコラムを執筆。その中で「ダルビッシュ有の直近の先発に対する世の反応――『どうでもいいわ』から『セオ・エプスタインの肖像を持ってこい、火を持っていくから』まで様々な反応――から判断するに、このカブス投手への期待をリセットする時がきたのかもしれない」と指摘している。

■ダルビッシュは16日のマーリンズ戦で先発予定

 同氏は「もはや判断基準は彼の1億2600万ドル(約140億円)の契約ではない。不振の投手がそれほどの金を得る図々しさには反応しやすいかもしれないが、それは誰にとっても何も生まない。カブスにとっても、ファンにとっても。判断基準を下げれば、不安や怒りや狭心症から解放され、より平和な生活を送ることができる」とし、判断基準や期待値を下げることで「ダルビッシュは改善を示している」ことが見えてくるとしている。

 6回途中5失点で降板したパイレーツ戦について、モリセイ氏は「称賛するつもりはない。ただ、それを楽観主義の余地がある場所に置いただけだ」とする。そして「これこそがリセットの行方であり、引き下げた判断基準が適切な高さを見つける場所だ。これは君たちが大きな契約を忘れて小さな進歩に集中する場所だ。もしそれができれば、信じて、君たちは幸せになれるだろう」と記している。

 ダルビッシュは、15日(同16日)の敵地マーリンズ戦で、今季4度目の先発マウンドに上がる。モリセイ氏も「前進するさらなるチャンスと考えてみよう。もしかしたら彼はここまで3試合の平均である74球ではなく、85球をマーリンズに投げるかもしれない。もしかしたら今シーズン初めて7回まで投げるかもしれない。もしかしたら彼は初めて自責点が3より少ないかもしれない」と、これまで以上の好投に期待する。

「ダルビッシュとエプスタイン(彼とサインしたカブス幹部)を許すことは君たちの一部にとっては不可能だ。痛みがありすぎる。傷跡が残りすぎる。それ以外の人たちは平穏を得たいだろう。もしダルビッシュが向上し続ければ、平和は感謝にすら道を譲るかもしれない。とりあえず、判断基準を低く下げ、称賛を忘れよう。そうすれば、誰も怪我しない」とするモリセイ氏。厳しい声を跳ね返すには結果しかない。批判的な声を一変させるほどの、ダルビッシュの好投に期待したいものだ。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

ダルビッシュ、ファンからの“助言”に苦悩「簡単に変えられまへんねん」シカゴ紙、ダルに“苦言”の正捕手を一刀両断「レギュラー2年目の選手が…」無四球のダルビッシュに地元メディア「1、2歩前進」 本拠ファンも「ユーイング」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)