NTTドコモ、最大4割値下げ=6月から、携帯の新プラン発表

 NTTドコモは15日、端末代金と通信料金を分離する新たな料金プラン2種類を発表した。通信料金は最大で現在より4割の引き下げとなる。6月1日から提供を開始する。月額5980円で最大30ギガバイトまで高速通信できる「ギガホ」と、通信データ量に応じ、月額1980円から4980円まで変動する「ギガライト」の2種類。いずれも税別。
 国際的に割高とされる日本の携帯料金をめぐり、政府は携帯大手各社に端末代金と通信料金の分離などを通じた引き下げを要請。これを受け、ドコモは大手3社の中でいち早く「2~4割の値下げ」の方針を表明。2019年度の第1四半期中に詳細を公表し導入するとしていた。 
〔写真説明〕新しい料金プランについて記者会見するNTTドコモの吉沢和弘社長=15日午後、東京都千代田区の同本社


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)