ウッズ、14年ぶりV5=メジャー15勝目-マスターズゴルフ

 【オーガスタ(米ジョージア州)時事】男子ゴルフのメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントは14日、米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、43歳のタイガー・ウッズ(米国)が70で回り、通算13アンダー、275で14年ぶり5度目の優勝を遂げた。賞金は207万ドル(約2億3200万円)。
 ウッズのメジャー制覇は2008年全米オープン以来で通算15勝目。歴代最多のジャック・ニクラウス(米国)の18勝に迫った。ツアー通算では81勝目で、サム・スニード(米国)の最多勝にあと1勝とした。
 ウッズは2打差の2位でスタート。上位の混戦が続いたが、15、16番の連続バーディーなどで抜け出し、メジャー大会で初の逆転優勝を飾った。
 松山英樹は3アンダーで32位。アマチュアの金谷拓実(東北福祉大)は5オーバーの58位で、11年の松山英樹以来のローアマは逃した。小平智は6オーバーで61位だった。 
〔写真説明〕マスターズ・トーナメントを14年ぶりに制し、グリーンジャケットに袖を通すタイガー・ウッズ=14日、米ジョージア州オーガスタ(ロイター時事)
〔写真説明〕マスターズ・トーナメント最終ラウンドの18番、14年ぶり5度目の優勝を決めて喜ぶタイガー・ウッズ=14日、米ジョージア州オーガスタ(AFP時事)


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)