86市長選の3割強無投票=県庁所在の津、高松も-統一選後半戦スタート

 第19回統一地方選は14日、政令市以外の86市長選と294市議選、東京特別区の11区長選と20区議選が告示され、後半戦がスタートした。市長選には161人が立候補。県庁所在市の津、高松を含む27市長選で無投票当選が決まった。全体の31.4%に当たり、前回に続き3割を超えた。津は2回連続の無投票で、市選挙管理委員会によると同市では初。
 無投票当選の選挙を除き、16日告示の町村長・町村議選や、既に選挙戦に入っている衆院大阪12区、沖縄3区補欠選挙とともに21日に投開票(一部は翌日開票)される。後半戦では、地元の課題や人口減少対策、地域経済の活性化などについて論戦が繰り広げられる。
 市長選の平均競争率は1.9倍で、前回の2.0倍を下回り、過去最低水準となった。 
〔写真説明〕高松市長選で無投票で4選を決めた大西秀人氏(右から2人目)=14日午後、高松市


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)