頭部に打球直撃のロッテ高野は打撲と診断 検査の結果、脳と骨には異常なし

■ロッテが発表、イースタン・リーグ日本ハム戦で頭部に打球受ける

 ロッテは、12日のイースタン・リーグ公式戦・日本ハム戦で高野圭佑投手が頭部に打球を受け、鎌ヶ谷市内の病院で検査を受けた結果、頭部打撲と診断されて脳、骨には異常はなかったと発表した。

 高野は今季、1軍でも2試合に登板。2015年のドラフト7位で入団し、プロ通算では41試合登板で2勝0敗2ホールド、防御率6.85の成績をマークしている。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

2軍降格のロッテドラ1藤原、痛感したプロのレベル「キレ、高校生と次元違う」清宮と双璧成した安田は花開くか 2019年、ロッテのブレーク期待有望5選手登録抹消のロッテドラ1藤原「力の差あった」井口監督は「いいところ見せてくれた」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)