EXILE白濱亜嵐「タンクトップ事件」暴露される 主演ドラマで“谷間”問題発生<小説王>

【白濱亜嵐/モデルプレス=3月29日】EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐が29日、都内にて行われた会見に出席した。

【さらに写真を見る】BALLISTIK BOYZも!ベッキー、白濱亜嵐ら豪華20名超え、このほかの会見写真

◆白濱亜嵐「タンクトップ事件」暴露される

フジテレビ系ドラマ『小説王』(2019年4月地上波放送、FOD先行配信、アジア圏で同日配信予定)で主演を務める白濱は、同作で共演する小柳友・桜庭ななみとともに登壇。

撮影時の思い出について話が及ぶと、小柳が「“タンクトップ事件”に関しては話して大丈夫?」と切り出し、作家役を演じた白濱に関するエピソードを披露。「(ドラマ撮影中に白濱が)ちょうどEXILEのツアー中でして、鍛えていたんですよね。衣装がタンクトップだったんですけど、胸筋が溢れ出ていてものすごいことになっていたんです」とまさかの事態が発生したそうで、「それを一生懸命隠そうとしていた亜嵐くんが、すごく可愛かったです」と印象に残っている様子。

これに白濱本人は、作家に「あまりごついイメージがなくて、タンクトップを後ろに引っ張って谷間を頑張って隠すっていう。1カットごとにやっていました」と回顧。タンクトップ姿については、劇中で何度も披露しているといい、桜庭が「かっこよかったですよ」とコメントするも、そのテンションに白濱は「心が全くこもってない!」とつっこんでいた。

◆主題歌はBALLISTIK BOYZに決定

早見和真氏の人気小説『小説王』(小学館刊)をドラマ化する同作。過去に一度大きな賞を受賞したものの、その後は鳴かず飛ばずで“一発屋”状態の作家・吉田豊隆(白濱)を主人公に、出版不況が叫ばれている今の時代を1冊の本の力で変えようと、出版業界に壮大なケンカをしかけていくという、痛快熱血エンタテインメント作品を描く。

会見では、LDHの新ユニットであるBALLISTIK BOYZが同作の主題歌を担当することを発表。ステージにも登場し、主題歌に起用された「テンハネ-1000%-」を生披露する場面があった。

なお、このほか、タレントのベッキー、俳優の大谷亮平、高杉真宙、女優の大友花恋、中村ゆりからが出席した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

0

externallink関連リンク

他の写真・記事詳細をもっと見るEXILE白濱亜嵐「PRINCE OF LEGEND」に出演していたGENERATIONS白濱亜嵐、売れない小説家役で主演「自分のデビュー前の苦労と被る」<小説王>GENERATIONS白濱亜嵐、ホワイトスーツで爽やか笑顔 グループでの夢語る蛯原友里・新田真剣佑・白石麻衣・白濱亜嵐ら、華やか衣装で豪華集結
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)