WBCで一般的に知られるようになった「球数制限」 縮まってきた日米の意識の差

■WBCが契機となり日本に知れ渡った球数制限、メジャーで先発投手の100球超えはほぼなし

 野球に「球数制限」という特別ルールがあることが、日本で一般的に知られるようになったのは、2006年から始まったWBC(World Baseball Classic)がきっかけともいえる。

 アメリカのリトルリーグ、ポニーリーグなど少年野球では、子どもの健康被害を予防するために、「球数制限」「登板間隔制限」が導入されている。しかし、MLB、MLB傘下のマイナーリーグでは、投球数、登板間隔に関するルールはない。

 マイナーリーグには、10代後半の選手も在籍しているが、公式戦では「球数制限」は行っていない。必要がないからだ。「勝利」よりも「育成」が優先され、目先の勝利のために、投手を酷使することはあり得ない。チームの多くは、MLB球団とは別の経営になっており、MLB球団と契約をした選手を預かっている。マイナーの投手が登板過多で故障したりすれば、チームや指導者がMLB球団からペナルティを受けたり、場合によっては契約解除されることもあり得る。このためにマイナー各球団は投手の投球数を厳しく管理しているのだ。

 また、メジャーの試合でも「球数制限」は行われていない。しかし、先発投手が100球を大きく超えることはほとんどない。完成されたメジャーの投手も含め「投手の肩は消耗品」という意識が浸透しているのだ。

 MLBではPAP(Pitcher Abuse Point)という指標が重視されている。PAPは1試合で投げた球数から100を引いてそれを3乗したもの。これを毎試合加算する。この数値の合計がシーズンで10万を超えれば故障の可能性が高く、20万を超えればいつ故障してもおかしくないとされる。100球以下の試合はカウントしない。NPBでは、毎年、PAPが20万を超える投手が数人いるが、MLBでは、PAPが5万を超す投手はほとんどいない。

 さらにMLBでは「25歳以下の投手の場合、投手の投球回数は、前年より(あるいはキャリアハイより)30イニングス以上増やすと故障のリスクが高まる」ともされている。これは、考案したスポーツジャーナリストの名前を取って「ベルドゥーチ効果」と言われている。この考え方も広く浸透しており、球団、指導者は若手投手の起用に際しては非常に慎重になっている。

 MLBで「球数制限」がないのは、リーグや機構がこうしたルールを導入しなくても、球団、指導者が自主的に規制を行っているからだ。しかしWBCでは、厳格な「球数制限」「登板間隔制限」が導入された。これは、選手を派遣するMLB球団の要請によるものだ。

■WBCで厳格化された球数制限、最初は違和感も次第に日本にも順応

 WBCでは、各球団の選手が、WBC専任の監督、コーチのもとに派遣される。WBCの監督、指導者は勝利のために選手の能力を最大限活用しようとするが、その過程で「登板過多」になって、故障するリスクが指摘されていた。MLB球団は、このためWBCに派遣する投手に保険を掛けたが、保険会社は契約の条件としてWBCのルールに「球数制限」「登板間隔制限」を導入するように求めたとされている。

 2006年の第1回WBCでは投手の投球数は1次リーグが65球、2次リーグが80球、準決勝と決勝は95球に制限された。登板間隔は、50球以上投げた場合は中4日、30球以上50球未満の場合と30球未満でも連投した場合には中1日が必要とされた。2009年の第2回大会では1次リーグが70球、2次リーグが85球、準決勝と決勝は100球に制限された。2013年の第3回大会以降は、再び1次リーグが65球、2次リーグが80球、準決勝と決勝は95球に戻された。

 選手との対戦の途中で球数制限に達した場合は、その選手の対戦終了まで投球はできる。3連投以上は原則禁止とし、1試合50球以上の場合は中4日以上、1試合30球以上または30球に満たなくても2連投であった場合は中1日以上の間隔をあけることとなった。また、ダブルヘッダーで投手が2試合とも投げることも禁止されている。2017年の第4回大会からは、敬遠投球は投球数に含まれないこととなった。

 こうした厳格な「球数制限」「登板間隔制限」のルールは、日本では当初、奇異なものとして報道された。「WBCを考案し、主催しているのはMLBなのに、本気度が感じられない」という声もあったが、大会を重ねるうちに、この必要性が日本でも理解されるようになってきた。

 日本の高校野球でも「球数制限」の議論が行われるようになった背景には、WBCで「球数制限」がどのように運用されるか、実際に見ることができたことが大きい。WBCでは、大きな混乱は起こっていなかった。高校野球でも運用は不可能ではないという認識を持つ関係者が増えたのだ。(広尾晃 / Koh Hiroo)


externallink関連リンク

日ハム斎藤佑、高校野球「球数制限問題」に持論「選手がどう思うかが大事」なぜメジャーでトミー・ジョン手術が頻出するのか アメリカスポーツ医学研究所が調査結果を発表日ハムドラ1吉田輝、憧れの斎藤佑から金言「嫌でも休め」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)