【MLB】大谷翔平が投打でリハビリ 指揮官は慎重「予定がはっきりしたら教える」

■投でキャッチボール57球、打で置きティー&ソフトトス

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、米アリゾナ州テンピで投打でリハビリを行った。キャッチボールでは最大50フィート(約15メートル)の距離をとって20球を投げるなど計57球。打撃では置きティーを10球、下から投げてもらうティー打撃「ソフトトス」を25球打った。

 チームは大谷の4月中の復帰を見込んでいない。オースマス監督は屋内での打撃練習など今後の予定について「分かり次第教えるよ。彼の予定がはっきりしたら教える」と慎重だった。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)


externallink関連リンク

大谷は+35億円、ダルは-30億円…米メディアが年俸との差で今季の価値“査定”1億円に届かず…大谷の微増契約にファン異論「間違いなく格安」「破綻した制度」「イッペイが開幕投手になるべき」―大谷翔平のキャッチボール動画に集まった“意外”な声
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)