松山英樹は67位、T・ウッズは39位タイ R・マキロイが首位に浮上

<プレーヤーズ選手権 2日目◇15日◇TPCソーグラス(米国フロリダ州)◇7189ヤード・パー72>

“第5のメジャー”と呼ばれ、賞金総額1250万ドル(約14億円)がかかる米国男子のビッグトーナメント「プレーヤーズ選手権」。第2ラウンドが終了し、トミー・フリートウッド(イングランド)とこの日に「65」をマークしたローリー・マキロイ(北アイルランド)がトータル12アンダーで首位に並んだ。

首位と3打差・3位タイにはジム・フューリク、ブライアン・ハーマン(ともに米国)、イアン・ポールター(イングランド)、エイブラハム・アンサー(メキシコ)が続いた。

トータル1アンダー・53位タイから出た松山英樹は2バーディ・1ダブルボギーの「72」でフィニッシュ。トータル1アンダー・67位タイとなった。また、小平智は1バーディ・5ボギーの「76」と後退し、トータル4オーバー・128位タイで予選落ちとなった。

そのほか、3週ぶりの出場となるタイガー・ウッズ(米国)は5バーディを奪うも17番・パー3でトリプルボギーを叩いて「71」でホールアウト。トータル3アンダー・39位タイで週末を迎える。


externallink関連リンク

■「ザ・プレーヤーズ選手権」 リーダーボード ■国内女子も開催中 リアルタイム更新の写真集 ■欧州ツアー「マジカルケニアオープン」 リーダーボード ■「とてもうれしかった」 松山英樹が胸をなでおろしたワンプレー ■松山英樹が結婚の発表を伏せていた理由とは?素顔を見せない松山の“哲学”【Pick Up 米国男子ツアー十大ニュース】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)