「バットの使い方が天才的」な“変わり者”!? 支配下登録された西武2年目外野手の魅力

■オフに支配下契約となった高木渉、昨季2軍監督の潮崎氏は「バットの使い方が天才的」

 いよいよ3月29日にセ・パ同時開幕を迎えるプロ野球。一足早く3月15日にウエスタン・リーグが、翌16日にイースタン・リーグが開幕する。イースタン・リーグは巨人が4連覇中。このリーグ期間中は各球団で次世代のリーグを担う若手選手たちが最大144試合を戦うことになっている。

 西武で注目したいのが2年目の高木渉外野手だ。福岡・真颯館高から2018年育成ドラフト1位で西武から指名されると、1年目からイースタン公式戦75試合に出場し、.278という高打率を残しオフには支配下選手として契約した。

 広角に打ち分けることのできる柔軟なバットコントロールと、6本塁打を放ったパンチ力が高木の最大の魅力だ。昨年まで2軍監督を務めていた潮崎哲也編成ディレクターも「バットの使い方が天才的」とその素材を絶賛していた。

 球団に「来季から支配下選手としてやってもらう」と告げられたのは、宮崎・南郷で行われていた秋季キャンプ中。契約更改の場だった。背番号が「121」から「73」に変わったが、自身では「ユニフォームを着ていると自分からは番号が見えないから(変化は分からない)。でも、周りからの反応を見るとやっぱり違う」と支配下選手として自覚を口にする。育成選手として過ごした1年については「1軍に出られるというだけでも、支配下と支配下じゃない選手は全然違うと思う。それを1年でクリアできたのは大きい」と振り返った。

■理想は先輩の秋山「全てにおいて無駄のない“ザ・野球人”という人」

「1年目だし、そんなにうまくいくはずない」と心に秘め、高木のプロ1年目は始まった。高校時代はエースを務め、外野守備につくのは西武に入団してから。それでも結果を残すことができたのは「この性格だからだと思う」と話す。

 自他共に認める“変わり者”で、人に流されないマイペースな性格だ。理想の選手は同じ西武の秋山翔吾外野手。「全てにおいて無駄のない“ザ・野球人”という人。自分も打って、守って、走りたい」と目を輝かせる。

 秋山をはじめ西武の外野手はタレント揃いだが、「自分はホームランを打つタイプの人間じゃない。こつこつ打って、3割くらい(残したい)。2年目でファームの首位打者を獲りたい」と目標を明確に立てる高木。激戦の外野手争いに割って入っていくための土台を固めることができるか、注目だ。(安藤かなみ / Kanami Ando)


externallink関連リンク

「ライオンズの高木」の系譜を継ぐ男 西武高木渉が2軍で奮闘中“ポスト雄星”“ポスト浅村”は誰だ!? …2019年、西武ブレーク期待の有望5選手“ポスト浅村”は外崎、主砲流出も破壊力健在?…12球団オーダー予想【西武編】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)