西加奈子、「母、女性としても輝く」は求めすぎ。自由を願う彼女の子育てと仕事

西加奈子、直木賞受賞後第一作が今回映画化となる『まく子』
3月15日(金)に全国公開となる映画『まく子』。ウーマンエキサイトでは、同作の原作者で一児の母でもある西加奈子さんにお話を伺いました。映画化への思い、そして、育児や仕事との向き合い方とは?

インタビューから浮かび上がったのは、“自由”というキーワードでした。

西 加奈子(にし かなこ)さん
1977年テヘラン生まれ。2004年『あおい』で小説家デビュー。2015年に『サラバ!』で直木賞を受賞。直木賞受賞後の第一作が『まく子』となる。2012年に結婚、2017年に出産。一児の母としての顔も持つ。

■映画は映画監督の作品、原作に忠実でなくていい

「まく子」西加奈子さんインタビュー
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
『まく子』は、子どもと大人のはざまで戸惑う小学5年生のサトシが、不思議な魅力を持つ転入生・コズエとの出会いをとおして、ほんの少しだけ大人に近づいていく物語。サトシ役には今作で映画初主演となる山崎光さん、コズエ役にはモデルとしても活動中の新人・新音(にのん)さんを抜擢(ばってき)。また、女好きのダメな父親役を草なぎ剛さん、母親役を須藤理彩さんが演じています。

――『まく子』が映画化されると聞いたときのお気持ちは?

うれしかったですね。私は映画が好きなので、自分の本が映画になるというのがシンプルにうれしくて。

――映画制作の際、「こうしてほしい」と要望は出されのでしょうか?

ありません。内容に関しても「自由に変えていただいて結構です」と。

――自分の作品を完全に委ねるのは、少し怖くないですか?

映画は、映画監督の作品だと思うので、怖さは全然なかったですね。実際にそんなことはないと思っていますが、もし映画の出来が悪くてもそれは監督の責任だと言えます(笑)。

もちろん原作者ではありますが、小説は小説で完結。だから映画は映画監督の作品。その作品がすばらしいものであったら、それはすべて監督の手柄だと思っています。

突き放しているというわけではなくて、私は映画がとても好きだから、監督には自由に作ってほしくて。「『原作に忠実に』という考えはまったくいらないから、鶴岡(慧子)監督にはご自身の世界観をガンガン出していってほしい」と思いました。

■草なぎ剛の色気に驚き! 「こんなにハンサムだったんだ」
「まく子」西加奈子さんインタビュー
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
――魅力的なキャラクターばかりの本作ですが、演じたキャストの皆さんの印象はいかがでしたか?

みなさん、すばらしかったです。映画のラストに近いシーンで親たちみんなが集まる場面で、それぞれ恥ずかしそうにしながら、でもワクワクしている表情がすごく好きで。本当にこういう集落があればいいなと思いました。

――以前、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演された際、“草なぎ剛さんを文学的に例えるなら”というテーマに「ユーモアと美しい心が世界を変えるんだ。」と答えていらっしゃいました。今回、草なぎさんについてあらためて感じられたことはありますか?

草なぎさんは優しくて柔らかいイメージがあったのですが、すごくセクシーな方だったんだと思いました。「役者ってすごいな」(笑)と。いろんなものを自分でキャッチして、演じられているんだと驚きました。
「まく子」西加奈子さんインタビュー
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
――たしかに、草なぎさんの役どころは、すごく色っぽいですよね。ダメ男なんだけど、女性が惹かれてしまう気持ちがわかるという。

そうそう! もちろん、もともと美しい方なんだけど、「こんなにハンサムやったっけ?」みたいな。すごくすてきですよね。

■本はいつ何を読むか、何を感じるか、すべてが“自由”
「まく子」西加奈子さんインタビュー
「映画で印象的だったのは、最初に慧くんが集落を走っている場面。コズエちゃんとお母さんが、お祭りで名前を呼び合うシーンもすごく好きです」
――原作『まく子』は児童小説ですが、映画を観て、子どもたちに感じてほしいことはありますか?

それはまったくないですね。子ども、大人という線引きは、正直自分の中でできてなくて。見た目が大人、お酒を飲めるのが大人、運転できるのが大人、というのはあるかもしれませんが…。

でも、自分がサトシくんと全然違うかというと、サトシくんの気持ちもすごくわかる。41歳の私よりしっかりした子どももいるだろうし、それこそサトシくんのようにお父さんよりすごくしっかりしている子どももいます。“子どもだから”とか“子どもの見方”ということは考えたことがないですし、本当に自由に観てほしいです。

――西さんは2017年にご出産されましたが、『まく子』はそれ以前の作品。お子さんを産んで、本作に対する気持ちの変化はありますか?

子どもが生まれてからも、作家としての変化はとくにないんです。もし子どもが『まく子』を読んでくれたとして、「自分こんなんちゃうわ」と思ってくれてもいい。何も変わらないですね。

――お子さんには、いつ頃『まく子』を読んでほしいというのはありますか?

いつでもいいです、ほんまに(笑)。読んでくれなくてもいい。そこは強制しないです。もちろんハードなポルノ作品は、禁止しておいた方がいいと思うんだけど、それ以外は、何歳で何を読もうが自由だと思っています。

――(笑)。対象年齢は関係なく、何歳で読んでも、何を感じても良いということですね。

そうです。それが小説ですから。

――ふだん、お子さんと本を通じた触れ合いの時間はありますか?

絵本の読み聞かせはしています。読んでほしい絵本は、子どもが自分で選んで持ってきます。私も絵本を出しているので、そのなかから選んでくれることも。でもすぐに飽きてしまうので、それほど長い時間は読み聞かせできないのですが…。

――ご自身の子ども時代はいかがでしたか?

よく絵本は買ってもらっていたし、好きだったんだと思います。小学1年生から4年生までエジプトにいたのですが、日本人が帰国する際に置いていってくれた本が図書室にあって、いつもその本を読んでいました。日本人学校に通っていたのですが、日本語にあまり触れられないから、きっと日本語に飢えていたんだと思います。

――その頃の環境が、今の自分に与えている影響はありますか?

自分が自分以外の人生を歩んでいたら客観的に見られると思うんですが、自分は自分を生きてきたから、どう影響されているのかわからないんですよね(笑)。もちろん、全員にとって子ども時代は大事だから、大きな影響はあったんだろうなとは思います。でも、それがどういう影響なのかまではわからないんです。

■“自由”を奪われた産後、支えとなったものは?
「まく子」西加奈子さんインタビュー
――忙しくお仕事をされているなかでの妊娠。不安はありませんでしたか?

それは、なかったですね。

――実際にお子さんを出産されて、“自由が奪われることがつらかった”という西さんのインタビューを拝読しました。

本当につらかったのは産後1ヶ月。「外に出られへん」と。それ以降は、子どもを連れてどこにでも行けたので、気持ちは変わりました。

――つらかった時期、何が西さんを支えていたのでしょう?

友だちですね。ほぼ毎日、友だちに来てもらって、話をしたり、聞いたりしていました。

――気持ちを吐き出せる場所があることは、大事ですよね。

あとは、聞くことも大事。自分に自由がないので、「今どんな仕事してるの?」とか「どんなレストランに行ったの?」といった友だちの外での生活を聞くことが、とても慰めになりました。

――自分で体験したわけではないけれど、話を聞いて心を豊かにする。少し読書にも近い気がしますね。

そうですね。赤ちゃんとずっと2人きりでいるのは行き詰まるので、友だちの話を聞きながら、その社会性も一緒にもらう感じでした。

いまは保育園にも助けてもらい、ベビーシッターさんにもたまに来てもらっています。親も友だちもいる、夫ももちろん育児してくれる。自分ひとりだけで子育てをしているわけではないので、すごく安心感がありますし、楽しいです。

■女性にどれだけ求めているの!というプレッシャーが怖い

――現在は、どのようなペースでお仕事をされているのですか?

子どもを保育園に預けている間とか、できるときに執筆するという感じで、あまり決めないようにしているんです。

――あえて決めていないんですか?

決めちゃうと、できなかったときに悔しいじゃないですか(笑)。だから、「できるとき」に書くことにしています。

――なるほど(笑)。お子さんの存在が、執筆のモチベーションにつながるようなことはありますか?

時間が物理的にむちゃくちゃ貴重になったので、集中力は上がりました(笑)。昔はダラダラできたけど、「この時間に書かないと、夜は絶対書かれへん!」と。

――時間は本当に貴重ですよね。ちなみに、母になって気づいた自身の一面はありますか?

「自由を奪われるのが一番イヤなんだ」、と気づいたのは大きかったですね。「絶対に罪は犯さんとこう」と思いましたもん(笑)。

子どものためにとかではなくて、自分のために「刑務所入るようなことはせんとこう」と。「自分で稼げるようにしよう」とか、「自分ひとりで動けるように体を大切にしよう」とか、“自由でいられるように”という気持ちは強くなりました。

――ウーマンエキサイトの読者には、仕事に育児にがんばっているママがたくさんいます。母になっても、女性として輝き続ける秘訣(ひけつ)を教えてください。

私、そういう考えが好きじゃなくて(笑)。「母である上に女性として輝く」って、なんか怖いというか、プレッシャーになるんですよね。「どれだけ求められんねん!」と(笑)。

自然でいいと思います。お母さんとしてがんばっているならそれで充分だし、ボロボロでもいいと思う。

――そのお言葉、すごく励まされますし、読者にも響く気がします(笑)。

よかった(笑)。お母さんは、家事や仕事、育児をやっていらっしゃるだけで、ほんっっっまにすごいと思います。ドえらい賞を何個ももらっているのと同じなので、ご自身を褒めてあげてほしい。「自分すごい!」って、毎日100回くらい言ってもいいと思いますよ!

映画『まく子』
「まく子」西加奈子さんインタビュー
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
小さな温泉街に住む小学生5年生のぼく(サトシ)は、子どもと大人のはざまにいる。ぼくは、猛スピードで「大人」になっていく女子たちがおそろしかった。女の人とみれば、とたんにだらしなく笑う、父ちゃんみたいには絶対になりたくなかった。だから、否応なしに変わっていく自分の身体に抗おうとしていた。そんなとき、コズエが突然やってきた。コズエはとても変で、とてもきれいで、なんだって「撒く」ことが大好きで、そして彼女には秘密があった…。

原作:「まく子」西加奈子(福音館書店 刊)
監督・脚本:鶴岡慧子
出演:山崎光、新音、須藤理彩/草なぎ剛
主題歌:高橋 優「若気の至り」(ワーナーミュージックジャパン/unBORDE)
2019年3月15日(金) テアトル新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:http://makuko-movie.jp/
※山崎光さんの「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記となります。
※草なぎ剛さんの「なぎ」は弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記となります。


externallink関連リンク

『グッド・ドクター』山崎賢人が救った「育てられない」赤ちゃんの前途はグッドドクター1話あらすじ…自閉症スペクトラム障がいの医師・湊「産みたいって体が叫び出す」女性を突き動かす母性とは?『透明なゆりかご』高橋一生が、「みんなと同じができない子ども」に悩む母の固定観念を崩す!「パパの仕事、恥ずかしい」と思われたら…。理想の父を演じることは重要?
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)