犬が水浴びを嫌がる理由と慣れさせる方法

なぜ、犬は水浴びを嫌がるのか

暑い季節は、愛犬に水浴びをさせてあげたいと思われる飼い主さんもいらっしゃると思います。
水浴びに限らず、シャンプーをさせるときにも、シャワーを浴びることを嫌がり、飼い主さんもびしょ濡れになりながら、キレイにしてあげることがあるのではないでしょうか。
水浴びが大好きな犬もいますが、水浴びを嫌がる犬との違いは何なのか、水浴びに慣れる方法はあるのかなどお話したいと思います。

犬が水浴びを嫌がる理由①「水浴びで嫌な経験をしたから」

水浴びが嫌いな犬は、シャンプーをされることも嫌いであることがほとんどです。
シャワーで水やお湯を全身にかけられて、シャンプーでワシャワシャ洗われて、またシャワーで水やお湯を全身にかけられて、熱いドライヤーで乾かされる。
犬には何が起きているのかさっぱりわからないのかもしれません。

単にそのことが嫌な出来事や経験となり、水を浴びることが嫌になってしまうのです。
シャワーの音を怖がる犬もいます。
水やお湯やシャンプーが、カラダにつくことで不快に感じる犬もいます。
水浴びで一度でも嫌な経験をしてしまうと、もうずっと嫌なことでしかなくなってしまうのです。

慣れさせるためにはどうしたら良い?

水を浴びることを、「気持ちの良い経験」「楽しい経験」「嬉しい経験」として積み重ねることができると、慣れてくれるのではないでしょうか。
私の愛犬の男の子は、水浴びもシャンプーも大嫌いです。
以前はシャンプーのたびに浴室で大暴れしていました。

シャワーを浴びたらおやつ、シャンプーをしたらおやつ、またシャワーを浴びたらおやつ、タオルドライをしたらおやつ、ドライヤーで乾かしたらおやつ、というように、大好きなおやつをあげて慣れさせました。
いつもは少ししかもらえないおやつを、お風呂に入るとたくさんもらえると学習したのでしょう。水浴びもシャンプーも、今でも決して得意ではありませんが、嫌がることはなくなりました。

犬が水浴びを嫌がる理由②「濡れることが苦手だから」

とにかく濡れることが嫌!という犬がいます。
雨上がりの地面がまだ濡れているとき、手足の裏が濡れてしまうことが嫌で、地面が乾くまでお散歩へ行かないという犬がいます。
ほんの少し濡れてしまう程度なのに、それでもどうしても嫌なのです。
雨上がり、地面が乾くまで待たなければならない飼い主さんも、きっと大変ですよね。
とにかく濡れることが嫌!という犬の場合、水浴びどころか、水しぶきさえも嫌がります。

慣れさせるためにはどうしたら良い?

まずは、雨上がりの濡れた地面を歩かせてみてはいかがでしょうか。
嫌がって歩かないかもしれません。
立ち止まりながらでも良いので、雨上がりのお散歩も楽しいんだということを教えてあげると良いと思います。

手足を洗う習慣を身につける

とにかく濡れることが嫌!という犬の場合、手足を洗われるだけでも嫌がるのではないでしょうか。お散歩の後、汚れてしまった手足を洗うという習慣を身につけさせると、濡れることに少しずつ慣れてくれると思います。

犬が水浴びを嫌がる理由③「生まれ持った習性の違い」

水浴びが得意か苦手かは、その犬種が生まれ持った習性の違いも関係しているのではないかと思います。川や湖で猟犬として活躍していた犬種があります。

例えば、アメリカンコッカースパニエルやラブラドールレトリーバーは、ハンターが銃で撃ち落とした獲物(鳥)を回収するという、猟犬として活躍していた犬種です。
水中に落ちた獲物も回収していたことから、水や泳ぎが得意であるとされています。

慣れさせるためにはどうしたら良い?

生まれ持った習性によって水を得意とする犬種があるのと同じように、生まれ持った習性によって水が苦手な犬種もあるのではないでしょうか。
習性を人間の手によって変えることは難しいと思いますが、海や川へ遊びに行く、庭で水遊びをするなど、水と触れ合う機会を増やすことで慣れてくれるかもしれません。

まとめ

みなさんは水は得意ですか?私は苦手です。
海や川やプールで泳ぐこともしませんし、水遊びも子供の頃から好きではありません。
大人になってからも、泳ぐことも水遊びも好きになることはありませんでした。

もしかすると、犬も同じなのかもしれません。


externallink関連リンク

画像付きの元記事を読む犬が部屋の隅にいくときの心理5つ犬の老衰の末期症状と飼い主がしてあげられること犬アレルギーの症状や原因から治療や予防対策まで
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)