東北・北海道・北陸新幹線でグランクラスの軽食が一新 日本酒・茶菓子もリニューアル

4月から変わります!

 JR東日本、JR北海道、JR西日本、日本レストランエンタプライズは2019年3月15日(金)、東北・北海道新幹線、北陸新幹線のグランクラスの車内サービスを4月1日(月)にリニューアルすると発表しました。 軽食は、日本料理「一凛」(東京都渋谷区)店主の橋本幹造さん監修のもと、沿線の食材を取り入れた献立に。4~6月は、東北・北海道新幹線上りが数の子醤油漬けやいくら醤油漬け、同下りが鮭甘酒漬け焼き、北陸新幹線上りが炙りしめ鯖、同下りが鰆甘酒漬け焼きなどです。メニューは3か月ごとに変わります。なお、4月から洋軽食は終了し、和軽食のみの提供となります。 日本酒も変更。東北・北海道新幹線は新澤醸造店(宮城県大崎市)の「伯楽星 純米大吟醸」180ml、北陸新幹線は車多酒造(石川県白山市)の「天狗舞 純米大吟醸50」180mlです。 茶菓子は、JR東日本の豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島(トランスイートしきしま)」と日本ホテル「ホテルメトロポリタンエドモント」(東京都千代田区)で総料理長を務める岩崎 均さんが監修。4~6月は、北海道産の「くりりんかぼちゃ」を使用したパウンドケーキが提供されます。 新サービスの対象列車は、グランクラスアテンダントが乗車する東北・北海道新幹線、北陸新幹線の全列車です。アテンダントによる車内サービスがない列車は、軽食やドリンク類の提供はありません。 4社は「上質で洗練された『グランクラス』の車内空間で、東北・北海道、北陸エリアの魅力を詰め込んだ車内サービスをご堪能ください」としています。


externallink関連リンク

「峠の釜めし」の釜、どうしてる? 意外なリサイクル方法も 新幹線のアイス、なぜ固い? イタリアンな食べ方をする「通」も 車内販売縮小のなか…山陽新幹線では駅弁お届けサービス拡充 「駅弁デリ」スタート
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)