小林陵が12勝目=シーズン勝利歴代3位-W杯ジャンプ男子

 【トロンヘイム(ノルウェー)時事】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は14日、ノルウェーのトロンヘイムで個人第25戦(HS138メートル、K点124メートル)が行われ、個人総合優勝を決めている小林陵侑(土屋ホーム)が3戦ぶりに優勝した。今季、通算とも12勝目で、シーズン勝利数は歴代3位タイとなった。
 小林陵は141メートル、141.5メートルと2度ともヒルサイズを越えてトップの得点をマークし、合計298.4点で快勝した。
 伊東大貴は16位、小林潤志郎は20位、佐藤幸椰(いずれも雪印メグミルク)は22位、中村直幹(東海大)は28位だった。 


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)