アーセナルがCL出場権争いに一歩リード! ジャカのミドル弾などでマンU撃破

 プレミアリーグ第30節が11日に行われ、アーセナルとマンチェスター・Uが対戦。アーセナルはマンチェスター・Uに2-0で勝利を収めた。

 ホームのアーセナルは3バックを採用し、メスト・エジルが先発出場。前節はトッテナムと引き分け、勝ち点「57」で5位につけている。一方、負傷者が続出するマンチェスター・Uは19歳のディオゴ・ダロトを右ウィングに先発起用。前節はサウサンプトンに逆転勝利を収めており、勝ち点「58」で4位。両者の勝ち点差はわずか「1」で、チャンピオンズリーグ出場権獲得を目指すクラブ同士の対戦となった。

 試合は12分、アレクサンドル・ラカゼットが中央のグラニト・ジャカにボールを渡すと、ジャカがそのままミドルシュートを放つ。ブレ玉のシュートはGKダビド・デ・ヘアの逆を突いてゴール左に吸い込まれ、アーセナルが先制に成功した。

 追いつきたいマンチェスター・Uは19分、フレッジがPA外からゴール右に狙ってミドルシュートを打つが、ポストが阻む。38分、マンチェスター・UはFKを起点にショーが右サイドにクロスを供給。前線に上がっていたクリス・スモーリングはヘディングで合わせるが、ゴール右にそれる。

 45分にジャカとラッシュフォードが接触。両選手は一時的に試合から離脱したものの、選手交代には至らず、直後に両選手はピッチに戻った。

 後半に入ると50分、マンチェスター・Uに同点のチャンスが訪れる。相手DFの裏でルカクがボールをもらうとゴール前でシュート。しかし、GKベルント・レノのナイスセーブによりアーセナルはゴールを与えない。

 果敢に攻めるマンチェスター・Uは58分に左寄りの位置でFKを獲得。キッカーのラッシュフォードのシュートはゴール右にそれる。

 62分、セアド・コラシナツが左サイドをドリブルで突破すると、中央のエジルに渡す。エジルは右サイドに開いたピエール・エメリク・オーバメヤンにスルーパス。オーバメヤンはPA右からシュートを放つが、追加点とはならない。66分、ジャカのゴール右を狙ったミドルシュートは枠をとらえられない。

 69分にラカゼットがPA右で倒されたとして、アーセナルがPKを獲得。オーバメヤンは冷静に決めて2-0とした。

 その後、激しい攻防を繰り広げたが、スコアは動かずそのまま試合終了。アーセナルが2-0でマンチェスター・Uに勝利した。この結果、アーセナルは勝ち点「60」で4位に浮上。3位トッテナムとの勝ち点差を「1」に沈めた。一方、マンチェスター・Uは5位となり、オーレ・グンナー・スールシャール体制でリーグ戦初黒星となった。

 次節、アーセナルは4月2日にニューカッスルとホームで、マンチェスター・Uは31日にホームでワトフォードと対戦する。

【スコア】
アーセナル 2-0 マンチェスター・U

【得点者】
1-0 12分 グラニト・ジャカ(アーセナル)
2-0 69分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)

【スターティングメンバー】
アーセナル(3-4-1-2)
レノ;ソクラティス、コシェルニー、モンレアル;ナイルズ、ラムジー、ジャカ、コラシナツ;エジル(76分 イウォビ);ラカゼット(86分 ヌケティア)、オーバメヤン(80分 D・スアレス)

マンチェスター・U(4-3-3)
デ・ヘア;ヤング、スモーリング、リンデロフ、ショー;ポグバ、マティッチ(80分 グリーンウッド)、フレッジ;ダロト(70分 マルシャル)、ルカク、ラッシュフォード


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)