「ムスメとバイバイ」子どもが出会わせてくれた、たくさんのキラキラしたこと【ムスメと/北海道編 @kita.acari 第46話】

妊娠中から3年間暮らした北海道を離れる事になった、きたあかりさん。最初は寒すぎて震えていたのに、3年の間にすっかり好きになってしまった北海道での生活。ムスメちゃんと出会った、たくさんのキラキラの思い出とともに、今回が最終回となります。
ムスメとバイバイ

夫の出向期間の終わりと共に、妊娠中から3年間暮らした北海道を離れる事になりました。

ずーっと前から決まってた事なんですが、もうすっごくブルーです。

最初は寒すぎて「なぜこんな所にこんなたくさんの住民が…」とすら思っていたのですが、

3年の間にすっかり好きになってしまいました。

ジンギスカン…スープカレー…
メロン…トウモロコシ…じゃがいも…ホッケ…米…

ゴキブリにも花粉にも悩まされることのない環境…味のある路面電車。

程よい人口密度…都心までの交通の便の良さ…なぜかあちこちにいるクラーク像。

二重窓や二重扉などにより本州の冬よりずっと快適に保たれている屋内の居心地よさ。

先生が引っ張ってくれる巨大ソリに乗って公園に遊びに来る着ぶくれした園児たち。

「おっちゃんして」とかいう方言…(“座って”の意)なぜかハロウィン形式の七夕。

北海道そのものの魅力にやられてしまったのは言うまでもありませんが、

子どもの目線や速度でしか気付けないような、日常にこっそり潜んでいるきれいなもの、笑えることを、たくさん思い出させてもらいました。

ムスメを介して出会えた友だち、
フツーの街中にこっそり潜んでいるきれいな風景、
冷たい雪にふれた時の不思議なあたたかさ。

いつか大きくなったムスメと一緒に、また会いに来たいと思います。

復職などの事情により、ここでの連載は今回で終了となりますが、こんな私に声をかけ支えてくださったウーマンエキサイト編集部の皆さま、読んでくださった皆さま、コメントをくださった皆さま、本当にありがとうございました。

「読んだ人がフフッと鼻で笑ったり、ちょっと元気になれるようなものを」と思いながら素人なりにずっと描いていたのですが、逆に自分が励まされ続ける2年間でした。

本当にありがとうございました。

0

externallink関連リンク

【子育て中のみなさまへ】平成で終わりにしたいこと(これからの新しい時代に期待したいこと)教えてくださいこれは「パパ見知り」…? 姉妹に振り回される夫【チッチママ&塩対応旦那さんの胸キュン子育て 第25話】2人目妊娠で初の「つわり」 長男のときには考えなかった心配ごとに直面【2人目妊婦は楽じゃない! 第2話】年の離れた兄妹はケンカしないと思っていたのに…意外な理由に脱力【ヲタママだっていーじゃない! 第37話】私の体調不良時に夫が神対応! もっと夫に優しくしようと思った日【3児の母こっさんの甘辛日記 第3話】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)