大相撲 平成31年三月場所 TOP

平成三十一年三月場所

【お知らせ】
大相撲のコメントはこちらでお願い致します。
https://www.thenews.ne.jp/comment_rooms/650190

■取り組み速報
十三日目 十四日目 千秋楽
十日目 十一日目 十二日目
七日目 中日 九日目
四日目 五日目 六日目
初日 二日目 三日目

■優勝・三賞
優勝  白鵬(15勝0敗)
殊勲賞 逸ノ城(14勝1敗)
敢闘賞 碧山(12勝3敗)
技能賞 貴景勝(10勝5敗)

■番付
【東】            【西】
・白鵬    [  横綱  ] 鶴竜
・高安    [  大関  ] 豪栄道
・栃ノ心   [  大関  ] 
・貴景勝   [  関脇  ] 玉鷲
・御嶽海   [  小結  ] 北勝富士

・魁聖    [ 前頭筆頭  ] 遠藤
・大栄翔   [ 前頭二枚目 ] 妙義龍
・錦木    [ 前頭三枚目 ] 正代
・栃煌山   [ 前頭四枚目 ] 逸ノ城
・千代大龍  [ 前頭五枚目 ] 阿武咲
・隠岐の海  [ 前頭六枚目 ] 阿炎
・碧山    [ 前頭七枚目 ] 宝富士
・朝乃山   [ 前頭八枚目 ] 琴奨菊
・佐田の海  [ 前頭九枚目 ] 勢
・松鳳山   [ 前頭十枚目 ] 矢後
・竜電    [前頭十一枚目] 明生
・千代の国  [前頭十二枚目] 嘉風
・友風    [前頭十三枚目] 輝
・照強    [前頭十四枚目] 豊ノ島
・石浦    [前頭十五枚目] 琴恵光
・大翔鵬   [前頭十六枚目] 豊山
・千代翔馬  [前頭十七枚目] 


externallinkコメント一覧

大相撲 平成31年三月場所 TOP へのコメント 382件 』

  • 投稿者:匿名

    若乃花勝さんがすごかったという話だったのに、なんで貴乃花憎しのコメントをここぞとばかりかぶせてくるのかな?罵詈雑言コメントって、読んでて腹が立ってくるのは私だけでしようか?

    23+
  • 投稿者:匿名

    ×掘れました
    〇惚れました
    (大爆笑)
    いつまでも続けてけれ

    5+
  • 投稿者:はっくん

    今日の日テレ有吉ゼミで、演歌歌手の藤あや子とみやぞんが、御嶽海を含めて14人がいる出羽海部屋に。
    藤あや子さんが、力士達の為に土俵の中央に埋まっている鎮め物(勝ち栗 洗米 昆布 するめ 塩 カヤの実)が全て入った巨大ちまきと巨大白星ハンバーグ(餅を白星に見立てた)を料理して、出羽海部屋の力士達が美味しそうに、全て(総重量20kg 普段は14kg)を30分で完食。 
    力士達にとって縁起の良い物を、美味しく料理する藤あや子さんの気遣いに、男として掘れました!

    21+
  • 投稿者:匿名

    有吉ゼミに御嶽海出るらしい。それまで帰宅出来るか!
    間に合うかな

    4+
  • 投稿者:はっくん

    大相撲春場所の新弟子検査が2日、大阪市内であり18歳の少年が体重211kgを記録した。
    歴代最重量の元大関小錦でも、入門時は175kgでした。
    鳥取城北高校の当真嗣斗(とうまつぐと) 身長189cm 胸囲は171,8cm
    那覇市出身 父が経営する居酒屋でもりもり食べ、牛乳は水と同じ感覚で1日4リットル飲んだ。
    小学校の入学式で80kg 少4で120kg 中1で150kg 最後に量ったのは昨年5月で約195kg 高校には200kg以上を量れる体重計がなく? 以降は測定不能。
    小学6年の時 白鵬が主宰する国際親善大会(白鵬杯)で優勝。その際に白鵬から(おっきいね)と声をかけられたのが忘れられず、入門先に宮城野部屋を選んだそうです。
    兄弟弟子になり、久しぶりに再会した大横綱白鵬からのアドバイスは、(やせなさい)だったという(笑)

    27+
  • 投稿者:KON

    温故知新 大相撲カレンダー 3月3日
    1801享和元年3月3日  春場所初日。
    この場所の番付は、最強大関雷電為右衛門が西の大関に、大関の平石七右エ門が東の大関、雷電のライバルと目され、幕内21年間・勝率.962という空前絶後の成績だった雷電に二度も勝利した唯一の力士=花頂山浅右衛門が、千田川とともに東西の関脇という番付でした。・・・西方が上位だった時代です。
    この場所の初日(3月3日)から、それまで「触れ」または「名乗りあげ」と呼んでいた“両力士の四股名を呼び上げる行為”を、「触れ」に代わって、「呼び出し」と言うようになりました。
    「触れ」を行なう役割の人の呼称は、これより以前の1896~1897寛政8~9年ごろの番付にも、「呼出」と載っていました。
    つまり、1897寛政9年頃からの3-4年の間は、“呼出さんによる 触れ が行なわれます”という言い回しになっていたようです。

    36+
  • 投稿者:匿名

    一連の騒動の時は、憮然として話し合いにも、紙で、マスコミにも答えず、貴の岩は引退、自分も引退、騒動はなんだったのか!
    辞めてからはニコニコ、テレビにはでる、喋る、どうもやってる事に一貫性がなく、個人的には信頼出来ん

    5+
  • 投稿者:匿名

    貴乃花は洗脳騒動の時、「若乃花の相撲は基本がなっていない」と散々批判していたのにこの掌返しは何?

    4+
  • 投稿者:KON

    すみません。ハンドルネームを入れようとしたら送信してしまいました。
    只今の貴乃花光司さんの連載記事の件は私です。
    それから
    今週の土曜か日曜の東京中日スポーツで、北の富士さんが「春場所の展望」というコラムを出します。けっこう長文のコラムだと思います。

    40+
  • 投稿者:匿名

    現在発売中の週刊文春で、連載中の貴乃花光司さんが、今週号で兄の若乃花勝さんの相撲、特に身体能力の高さ、運動神経の良さを絶賛しています。自分自身は身体の柔らかさぐらいしか兄に勝るものはなかったので、ひたすら相撲の基本稽古をやり続けました。と、述べています。
    実際、藤島部屋での二人の猛稽古は凄まじい迫力の三番稽古が二十番〜三十番も続けられていましたが、弟が勝つのは三分の一か四分の一でした。お兄ちゃんの巧さに弟の力が通じず捻りで転がされたり、出し投げを食らって勢いよく羽目板まですっ飛んでいました。
    けっこう内容の濃い連載ですので、一度、ご覧になってみてください。

    39+
  • 1 35 36 37 38 39

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)