鷹ドラ1甲斐野「質を磨きたい」最速155キロ、バット粉砕の衝撃“デビュー”

■西武戦の9回に登板し、西武打線を3者凡退に封じる

 ソフトバンクのドラフト1位ルーキー甲斐野央投手が、衝撃の対外試合デビューを飾った。27日、宮崎・アイビースタジアムで行われた「球春みやざきベースボールゲームズ」西武戦の9回に登板すると、最速155キロをマークして昨季のパ・リーグ覇者の西武打線を3者凡退に封じた。

 圧巻の投球だった。9回にマウンドに上がった甲斐野が見る者の度肝を抜いた。先頭の山田に対しての初球で151キロをマークすると、2球目の153キロで追い込み、3球目のフォークで空振り三振に仕留めた。

 続く中田もどん詰まりの三ゴロに斬って取ると、最後はこの日4安打を放っていた木村のバットを粉砕。初球でこの日最速となる155キロを計測し、スタンドがどよめき。2ボール1ストライクからの4球目、153キロでバットをへし折り、三ゴロに仕留めた。

 ほぼ完璧な“デビュー”を飾った甲斐野は登板後に「ブルペンでは凄く緊張していましたし、ブルペンでもそんなに調子は良くなかったんですが、マウンドに上がったら、やってやるんだという気持ちで投げました」と振り返り、155キロについては「球速はもちろん調子のバロメーターですが、球速だけじゃなく質を磨いていきたい」と、さらなる向上を誓っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)


externallink関連リンク

最速154キロ19歳左腕、ドラ1、驚異の韋駄天…鷹で2019年ブレイク期待の5選手評価うなぎ上りの鷹ドラ1甲斐野 キャンプ“完走”も「プロは凄い。不安ばかり」期待されて10年目 鷹の158キロ育成左腕は背水の覚悟「普通に終わりだと…」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)