西武、地元のスポーツ少年団の子どもたちとふれあい 内海も笑顔「すぐに…」

■ケイドロは今年で4年目、子どもたちと“激闘”「選手を追いかけてください」

 南郷キャンプ第3クール2日目の11日、西武がキャンプを行っている日南市のスポーツ少年団の子どもたち71人とのふれあいイベントが行われた。

 練習終了後、参加した子どもたちとケイドロで“激闘”した。鈴木将平外野手が「知っている選手だけじゃなく、知らない選手のことも追いかけてください」と子どもたちに異例のお願いをして始まった対戦は、今年で4年目。西武の選手会とも協議してイベントの内容を決定しているという。

 約20分間行われたゲームの中で選手と子どもたちがグラウンドをかけまわり、今年巨人から加入した内海哲也投手は「子どもたちがいっぱいで、すぐに捕まっちゃいました」と初参加ながら笑顔を見せていた。(安藤かなみ / Kanami Ando)


externallink関連リンク

“ポスト雄星”“ポスト浅村”は誰だ!? …2019年、西武ブレーク期待の有望5選手“ポスト浅村”は外崎、主砲流出も破壊力健在?…12球団オーダー予想【西武編】「捕手がいい音で捕ってくれるうちはダメ」―西武今井が「特別な投手」である理由
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)