西武外崎が順調調整! シート打撃でチーム1号&アップルパンチも笑顔で披露

■最後の打席では走者を置いた状況で、しっかり右打ち

 西武の外崎修汰内野手が11日、宮崎・南郷キャンプで行われたシート打撃でチーム1号となるホームランを放った。2打席目で対戦した高木勇人投手の内角ストレートを迷わず振り抜き、左翼スタンドに叩き込むと、笑顔でダイヤモンドを一周。ベンチ前ではおなじみの「アップルパンチ」パフォーマンスも見せた。

 前日から始まったシート打撃では、「目とバットが合っているのか」を確認するために強いスイングを心掛けているという。この日、最後の打席ではランナーを置いた想定で、しっかりと右打ちも披露した。

「打ちにいきながらもボール球は見逃すという自分のスタイルもできています」と打席での手応えは十分。今後は「あと一段階(状態を)上げていくために、真っ直ぐを打ちにいって変化球が来た時にしっかり振れるかを確認したい」と話す外崎。試合仕様に仕上げるため、着々と調整を進めているようだ。(安藤かなみ / Kanami Ando)


externallink関連リンク

“ポスト雄星”“ポスト浅村”は誰だ!? …2019年、西武ブレーク期待の有望5選手“ポスト浅村”は外崎、主砲流出も破壊力健在?…12球団オーダー予想【西武編】「捕手がいい音で捕ってくれるうちはダメ」―西武今井が「特別な投手」である理由
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)